とみたブログ

主に美容関係の記事が多い特化ブログです。

美容師理容師のシザーやセニングは消耗品です『注意』

f:id:menzusettoribiyousi:20190324230855j:plain

美容師理容師の『シザーやセニング』は痛みやすいのでその対策をまとめました。

ハサミは高価ですが消耗品なので、痛めない対策をしないと後悔します。

 

こんにちは、冨田です。

 

この記事は『美容師理容師のスタイリストやアシスタントの方』に向けた記事構成になっております。

 


1・美容師理容師が使うハサミは消耗品である


 

美容師理容師が仕事で使用する『シザーはセニングは高価』です。安くても1万円前後です。高いシザーやセニングだと10万円以上します。

 

こんなに高価にも関わらず『ハサミは消耗品なのが難点』です。一生同じハサミを使用し続ける事は困難です。

 

カットをすれば痛みますし、落としただけで切れなくなったり、髪の毛が引っかかるようになるのが美容師理容師のシザーやセニングです。

 

どんなに高価なシザーやセニングを購入しても痛みます。なるべく痛まないようにする方法をこの記事ではまとめました。

 


2・シザーやセニングが痛まないようにする方法


 

シザーやセニングが痛む原因を一つずつ改善していきましょう。

痛む原因はこちらです。

 

  1. 髪を切る
  2. 落とす
  3. 力を入れてハサミを動かす

 

基本的にはこの3つです。「1.髪を切る」と言うのは改善の使用がありません。髪を切る為にハサミを購入しているのですから、それを改善すると髪を切らないと言う事に至ります。

 

改善策はなくても、ハサミのダメージを軽減させる方法はあります。

 

結論から言うと、ハサミを二丁使う事でハサミのダメージは分散出来ます。

 

『高価なハサミを一丁・低価なハサミを一丁』保持します。これはシザーとセニングのどちらでも同じ事が言えます。

 


3・シザーとセニングを二丁ずつ合計4本の分類


 

シザー二丁の分類は、上記でも書いたように『高価なシザーを一丁・低価なシザーを一丁』です。

厳密には『高価なシザーとは中心で使用するシザーの事』です。

 

低価なシザーとは『比較的使用頻度が少なく予備として保持するシザー』です。

高価なシザーの切れ味が少しでも落ちたら、低価なシザーに変更して使用すると言う用途です。

 

 

セニングの二丁の分類に付いては、分散させるというよりも使用用途を分けると言う事です。

 

例えば『毛量の多い方には30%以上梳けるセニング』『毛量の少ない方には20%以下しか梳けないセニング』を使用するといった用途分けが大切です。

 

*補足・セニングは『%』によって梳ける割合が変わってきます。『%』が高いと多く透けて『%』が低いと梳き率も低いと言う事です。

 

『低い%のセニング』の用途はもう一つあり、細かい微調整に頻繁に使用されます。「少しだけ梳きたい所を梳く時に使用する」という事です。

 


4・シザーやセニングは落とさない


 

シザーはセニングを落とす事によってハサミが噛み合わなくなったりします。髪の毛を引っ掛けてしまう可能性もあります。

 

切れ味の悪いシザーやセニングはお客様を不快にさせてしまいがちです。落とす事で傷が入り、そこから傷が広がっていきます。

 

「ハサミは落とさないでしょ」そう思う方はいるかもしれません。

正直それは過信です。自分が気をつけていても不慮の事故で落としてしまう可能性はあります。

例えば『どこかにハサミを置いている時に自分や他者がぶつかって落ちた』『シザーケースにハサミを入れていたのに、他者の何かが引っかかって落ちた』等々です。

 

この上記の2つは美容師理容師はありがちなので注意しましょう。

 


5・力を入れてハサミを動かさない


 

力を入れてシザーやセニングを使用すると痛みます。理由としては『ハサミが噛み合う時にかかる力が大きいとそれに比例してハサミのダメージも大きくなるから』です。

 

もう一つの理由としては『ハサミの開閉の時に親指に力が入っていると動刃が静刃を押して痛む』という事です。

 

これは噛み合わなく原因にもなりがちであり、最悪の場合、ハサミが閉じなくなるので要注意です。

 

*補足・『動刃とは動かす刃』『静刃とは固定している刃』の事を指します。

 


6・もしもシザーやセニングが痛んでしまったら


 

上記の3つに注意していてもシザやセニングは痛んでしまう場合はあります。そんな時は『研ぎ師』に頼みましょう。

 

シザーやセニングを研ぐ事を仕事にしている方もいるので『近くの研ぎ師』にお願いしましょう。

 

Googleで検索すると調べる事は可能ですが、大体は『美容室又は理容室が連携している研ぎ師がいる』のでその方に頼む事も可能です。

 

痛んだハサミをその状態のまま使用すると『よりハサミが痛んだり、お客様に不快感を与える可能性もある』ので、要注意です。

 

注意・ハサミを研ぐとハサミは小さくなるので研ぎすぎないように。

 


7・最後に


 

美容師理容師の方は『シザーやセニングは仕事の命です。』ハサミは大切に使いましょう。

 

僕も現場にいると不慮の事故でハサミを痛めてしまう事はありますが、なるべくそのような事はないようにしています。

 

もう一度言います。『ハサミは命です。』大切に使いましょう。

 

僕のプロフィールこちらです。『InstagramもTwitterもnote』もやってます。最近は起業に向けて勉強中です。

www.ribiyousitomita.com

 

こんな記事もどうぞ。

 

www.ribiyousitomita.com

www.ribiyousitomita.com

www.ribiyousitomita.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美容師理容師の『専門学校選びで重視する事』

 

f:id:menzusettoribiyousi:20190324010222p:plain

『美容師理容師の専門学校選びの要点を具体的に解説しました』

→専門学校選びで大切な事は時間より質です。

 

こんにちは、冨田です。この記事では理美容師の専門学校選びの要点をまとめてあります。

 

この記事が為になる方はこんな方

  • 美容師理容師を目指す中高生
  • 現在美容師理容師の専門学生

 この二者に該当する方にとっては為になる記事構成になっております。

 

 


1・専門学校で重視するのは時間ではなく質


 

 専門学校で重視するのは『授業時間』よりも『授業内容』質で見るようにしましょう。

 

費用を授業時間で割って、1時間当たりどのくらいの金額がするかを計算する先生方。
確かにそれも現実的に見て大事ですが『質はどうなのか』と言う問題が出てきます。

例えば『外部講師は来るのか』『国家試験合格率は高いのか』です。

 

国家試験合格率は特に重要です。年間の平均で見て合格率が高い美容師理容師の専門学校を選ぶようにしましょう。

 

国家試験合格率は『専門学校が掲載する合格率』に加え、Google検索で全国の理美容師専門学校の『国家試験合格率』と照らし合わせる事が大切です。

 

国家試験合格については、正直自分次第で合格する事は可能ですが、より合格率を上げる為にも、国家試験合格率が高いサロンがオススメです。

 

理由としては『合格率が高い』という事は、国家試験に向けた学習の時間を多く設けると言う『環境構築』が出来ているが為です。

 


2・専門学校で大切な事はまずは『国家試験合格である』


 

美容師理容師の専門学校でに最重要は『美容師免許取得』『理容師免許取得』です。

 

このどちらかを合格出来ないと『現場に立ちスタイリストとして活躍』する事は現段階では出来ません。まずは国家試験を合格しやすい環境に入学できるようにしましょう。

 

美容師理容師の国家試験合格とは、下記の記事にも書いたように『実技試験』と『筆記試験』に合格すると言う事です。

 

www.ribiyousitomita.com

 

この2つに合格しやすい環境を探しましょう。

 

例えば極端な話ですが、国家試験の実技試験の会場になっている専門学校もあるので、そのような環境だと『模擬練習』がしやすいです。

 

これは年度によっても異なりますが、もしも『国家試験会場』になっている環境があればオススメです。

 

僕の通っていた専門学校は国家試験の会場でしたので『実技試験の模擬練習』は比較的しやすかったです。

 


3・理美容師の専門学校で勘違いしている事


 

美容師理容師の専門学校を『遊びの場』と言うのは大きな勘違いであり、専門学校は学びの場所です。

 

もっと具体的に言うと『専門学校は国家試験受験資格の授業の受講時間を取得する場』です。

 

出席するだけで『受講時間』を得る事は出来ますが、日本では『年間15000人以上美容師理容師の国家試験を受験する方がいる』ので、その中でも誰よりも濃い学校生活を過ごした方が絶対良いですね。

 


まとめ


 

  • 専門学校は授業時間よりも質である
  • 国家試験の合格率を確認する
  • 専門学校では誰よりも濃い時間を過ごす意識

 


最後に


 

誰かの参考になればなと思って、僕は記事を書いています。Twitterでも記事の公開をしているので参考にして下さい。

 

www.ribiyousitomita.com

 

メンズ脱毛ならメンズリゼクリニック

 

 

 

 

自分で髭を剃る時の注意点『理容師』

f:id:menzusettoribiyousi:20190323011107j:plain

『自分で髭剃りをする時の注意点を具体的に解説した』

 

こんにちは、冨田です。


この記事は『自分で髭剃りをする具体的な方法を知りたい男性』に向けた記事構成になっています。
→自分でも髭は綺麗に剃る事は出来ます。

 

○この記事が為になる方はこんな方


  1. 髭が濃い男性
  2. 髭が濃くなってきた男子
  3. 髭が剃り残る男性・男子

 

この3つに該当される方にとっては為になる記事構成になっております。

その前に髭剃りがめんどくさい方はこちらを参考に。

脱毛と美顔が両方できる!読モ絶賛☆「ケノン」

 

 

 


1・硬い髭を剃る方法


 

硬い髭を剃る際には『蒸して柔らかくしてから髭を剃る事が大切です。』

 

[蒸さずに髭を剃るとどうなるか]

蒸さずに髭を剃ると引っかかったり、最悪出血をしてしまう可能性が上がります。

硬い髭は蒸してから髭は剃りましょう。

 

[硬い髭を蒸す方法]

硬い髭を蒸す方法としては熱湯にタオルを浸し、次に体温より少し高い温度まで冷ましてから、髭を覆うことで、蒸す事は出来ます。

→目安としては30秒以上蒸します。

 

2つ目の方法としては、お風呂で剃るのが良いです。お風呂にいるだけで湯気や蒸気で髭が柔らかくなるのでオススメです。
→湯船の髭が落ちると家族に煙たがられる可能性があるので注意です。

 


2・硬い髭の剃り方


 

硬い髭の剃り方としてはまずは髭の長さを短くする事が大切です。

 

[硬い髭を短くする方法]

硬い髭を短くする方法は、『髭の生えている方向と同じ角度からカミソリを入れる事』で硬い髭を短くする事は可能です。まずは硬い髭の流れに沿ってカミソリを入れましょう。

 

次に『髭の生えている角度に対して90度(垂直)からカミソリを入れましょう。』

ここまで行えばある程度短くなります。

 

*上記に記載してある『硬い髭の蒸し方』を実践してから行いましょう。

 


3・硬い髭を『逆剃り』して深く剃る方法 


 

硬い髭は『逆剃り』する事で深く剃る事は可能です。

逆剃りとは髭の生えている方向に逆らってカミソリを入れて剃るという事です。

 

[逆剃りの仕方]

 

硬い髭を上記の『硬い髭を蒸す方法』と『硬い髭を短くする方法』の2つを行った後に、逆剃りをします。

逆剃りは髭の流れに逆らって剃る事なので『蒸さない』『短くしない』で逆剃りをすると、最悪出血の可能性があるので注意してやりましょう。

 

→逆剃りする事で髭を深く剃る事は可能なので、まずは試しに実践して見ましょう。

 


まとめ


 

硬い髭を綺麗に剃る方法

硬い髭は『蒸す→短くする→逆剃り』の手順で綺麗に剃れる。

 

髭の角度がまばらな方は、髭の角度を『鏡を使って確認する』又は『手で触って確認する』の2つのどちらかを行いながら剃っていきましょう。

 

髭を剃りが正直めんどくさい方はこちらを参考にして下さい。

脱毛と美顔が両方できる!読モ絶賛☆「ケノン」


最後に

 

上記のやり方を実践すれば、綺麗に剃れるようになります。試しに実践して頂きたいです。

僕のプロフィールはこちらです。

www.ribiyousitomita.com

 *Twitter  では『フォローして頂いた方のDMは返します。』

 

 

美容師理容師の通信制は高効率である『費用1/3』

f:id:menzusettoribiyousi:20190321235600j:plain

 

美容師理容師の通信制は全額実費で『費用1/3』でなれます

お金がない環境で生まれた方も美容師理容師になれる事を証明しました。

 

こんにちは、冨田です。

昨年の記事はこちら。

www.ribiyousitomita.com

 

この記事では上記の記事に掲載してある『美容師理容師の通信制の具体的な方法について書きました。』

 

1・『美容師、理容師になる方法』

 

美容師又は理容師になる方法は一般的には『専門学校に入学して資格を取得してから入社』です。そして「下回り→アシスタント→スタイリスト」
このような順番でなっていくのが普通です。

 

高校卒業して専門入学からスタイリストまで約5年~6年が平均的な年数です。

 

段取りを踏んで学校で知識や基礎を学びつつ資格を取得して入社まで行くのがこの方法です。

 

ですが実はこれだけではありません。まだあります。

 

2・理容師美容師に高効率でなる方法『通信制』

 その方法の一つをご紹介します。この方法だと資金は1/3でしかも高効率で資格取得からスタイリストまで行けます。

 

その方法はこちら

 


『通信制の専門学校に行きつつ仕事もしつつ資格取得からスタイリストへ』


 

この方法ですと資金は1/3で資格取得が可能です。全日制の専門学校の費用が2年間で約250万円〜300万円。ですが『通信制の費用は3年間で約75万円〜85万円』です。

 

しかも基本的には現場にいますので時間は全く無駄にしません。現場でより学べます。

 

全日制の専門学校のスケジュールは1年9ヶ月程みっちり国家資格取得に向けた勉強をしてから国家資格を取得します。

 

そして入社する会社を決めて入社しいざ仕事スタート!!って形です。

 

そこから2〜3年間、または長い所だと6年間も下回りやアシスタントして晴れて『スタイリトデビュー』です。

 

正直長くないですか。。確かに大事な期間ですが美容師や理容師「若い時が勝負にも関わらずこの期間は長すぎる。」僕はそう思います。

 

あなたがスタイリストデビューする時何歳ですか。。って思ってしまいます。そんなにやってもなって思ってしまいます。1年あれば覚えられますよって。。。

 

確かに大事な期間かもしれませんが。流石に長いです。

 

女性の方は!?

 

逆算するとスタイリストの期間はどれだけ出来るのかって考えて下さい。女性で専業主婦を目指している方はスタイリストよりもアシスタントの方が長くなってしまう可能性もあります。

*スタイリストデビューが早い会社は別です。

 


通信制は最短最速高効率


 

そこで今回お話する方法は高校卒業からスタイリストデビューまで高効率でなる方法です。しかも1/3の資金です。最短最速高効率です。

 

先程のお話の通信制の専門学校に行くと3年で資格取得と言いましたが、もちろんその期間は現場にいます。会社によっては給料も出ます。

 

*稀に給料から学費を引かれて支給されるサロンもあるのですが、それだとどれだけ学費がかかっているのか分からないので要注意です。運用資金に回されていたら悔しいので。所定の金額よりも高い可能性は低くてもそうである可能性もあります。自分で計算した方が安心でしょう。

 

もっと詳しく書きます。

 

3・美容師理容師の『通信制』を具体的に解説

 

通信制の専門学校に行きながらスタイリストまでのスケジュール

 

⓵高校卒業→⓶通信制専門学校入学とサロン入社→⓷下回りアシスタント→⓸スタイリストデビュー

 

春と夏に5日〜15日のスクーリングで他の時間は現場。休みもあります。

→学校によって誤差はあります。

 

この方法、全日制よりもきついと思うかもしれませんがそんな事はありません。

 

高校卒業からスタイリストまでたった3年間でなれます。

 

スクーリングの間は、基本的には現場が中心なので先輩の技術を見て学び、朝と夜には現場で働くスタイリストから直接技術を教えてもらえます。カットモデルも切れます。僕の会社はそうしてます。成長が早いです。

 

全日制の専門学校の方が20歳で卒業して23歳でデビューするのに比べて、通信制は21歳でデビューします。しかも資金は1/3です。

格安高効率でスタイリストになれます。

 

まとめ

 

・高校卒業してからスタイリストまで平均約5〜6年間

・通信制は資金約1/3で高効率でスタイリストになれる

・通信制は専門学校と現場に通い資格を取得する

 

最後に

 

今回の記事では『家庭的にお金がなくて美容師理容師を諦めている方』『奨学金を借りたくない方』『早くスタイリストになりたい方』『通信制に付いて気になる方について書きました。』

 

詳しい話は僕が直接相談にのります。

先日のツイートです。

Twitterでは『フォロー→DM』で質問に答えます。

 

 

 

美容師理容師は稼げるのか『稼げる』

f:id:menzusettoribiyousi:20190321004108j:plain

美容師理容師は稼げるのか『稼げます』

美容師理容師は稼ぐ事は出来ます。この記事に具体的に書きました。 

 

こんにちは、冨田です。

今回の記事では美容師理容師が稼げるのかどうかに付いて書いていきます。
→少しシビアな話になります。

 

美容師理容師は『稼げる人と稼げない人』に大きく分かれます。その二者に付いて具体的に説明します。

 


この記事が為になる人はこんな人

  1. 美容師理容師の方
  2. 美容師理容師を目指す学生
  3. 美容師理容師の事を知りたい人
  4. 知人に美容師理容師になりたい人がいる人

 →知人に美容師理容師がいる人は教えてあげてください。

*この記事はSNSでの発信やLINEで送っても大丈夫です。

記事が良かったら伝えて上げて下さい。

 

 

 


1・美容師理容師は稼げるのか



正直、環境で稼げるかどうかは決まります。特に生涯雇用を目指す方は環境次第です。
短期で稼ぎたい人は『完全歩合制給料』のサロンで働く事で稼げます。

 

ですが美容師理容師は若い内に稼げても、年を重ねるにつれて、新卒の方が入社し、お客様は『転勤転職等』でその地域からいなくなると指名客数は減少し、それに伴って給料は減っていきます。

 

・短期のみで稼ぐなら完全歩合給制のサロンへ

 


2・美容師理容師は将来的に稼げるのか



将来稼げるかどうかに付いては、生涯雇用の方は将来的にスタイリストから『マネジメント、マーケティング』に移行する必要があります。

 

→理由としては美容師理容師は体が主の仕事なので、一生涯スタイリストとしてのカット業務のみで生きていくとなると、一生健康でいる必要性があるからです。

 

もしも一生涯カットのみ業務で美容師理容師として稼いでいくとしたら、将来的に回転率の早いサロンではなくお客様単価がとても高いサロンへ入社をし、体に負担をかけない事です。
目安として客単価1万円以上です。(→高額サロン)

 

[独立思考の方は例外]

独立思考の方は例外です。
起業を目指す方は目先の給料よりも、雇われの内にどれだけ自己成長出来るかが大切になります。

 

生涯雇用も同じですが『自己成長』が何より大切です。自己成長しない限り独立しても成功は掴みにくいでしょう。

 

独立して、成功したいのであれば目先の給料よりも将来性を見る事がオススメです。

 

給料少ないと独立出来ないと言う声も聞きますが、固定給18万円以上あれば6〜8年程で独立出来ます。
残りの資金は銀行で借りる事が出来ます。

『銀行によっては利子率も低く借りれます。』


優れた人は、雇われの内に他分野で学びつつ副業で貯めている人もいます。
副業で毎月5万〜10万円程稼げれば資金調達は出来ます。

副業については先日記事にしたので参考に。

*副業がバレない対策方法も書いてます。 

www.ribiyousitomita.com

 

・独立思考の人は短期ではなく中長期で見る
・生涯雇用の人は将来マネジメントorマーケティングへ

 

生涯雇用志望にせよ、独立志望にせよ自己成長が何より大事です。

 


3・美容師理容師は短期で見ない事


 

美容師理容師は短期で見ると、中長期的に独立を考えている人よりも稼げません。
この記事も参考にしてください。

 

www.ribiyousitomita.com

 *歩合給と独立について書いてます。

 

どの仕事も同じですが、短期のみで見てしまうと将来の幅は狭くなります。
中長期的に見て行動する事がオススメです。


僕的には『人か物かお金』のどれを動かすのが向いているかを見るべきだと思ってます。詳しくは上記の副業の記事へ。

 ちなみにこちらです。

www.ribiyousitomita.com

 


最後に


 

美容師理容師をこれから目指す方や、現在美容師理容師の方の人生が良い方向に向く事祈っております。
僕のプロフィールはこちらです。

www.ribiyousitomita.com

*TwitterではDM返します。

 

【デトランスα】初回定期お試し999円モニターコース