とみたブログ

美容関係の記事や、美容師理容師の記事を毎日更新しています。『美容』や『美容師、理容師』に付いて興味がある方向けです。

美容師理容師の今後はどうなるのか『パート3』

f:id:menzusettoribiyousi:20190716001858j:plain

[現在の職業の大半はなくなると言われているけど美容師理容師は一体どうなるのか]


{美容師理容師は自動化出来る仕事と出来ない仕事に分かれます。}

 

こんにちは、冨田です。

 

今回は美容師理容師の今後はどうなるかを予想してみました。

この記事の事がもしも起こりそうだと感じた方は、何か対策を立てて下さい。

 

 


理美容師の1000円カットはなくなるのか


 

まず理美容師も自動化で頻繁に言われているのが『1000円カットがなくなる』という予想です。

 

今現在は予想でしかありませんが、今後なくなる可能性は大いにあります。

 

1000円カットのような単純業務は、ロボットが代行する事も可能なのでなくなりやすいです。

 

補足AIで自動化が出来るのは単純作業と言われています。

 

でも1000円カットでもなくならない『1000円カットサロンが僕はあると思っています。』

 

それは『接客業を意識した1000円カット』です。1000円カットは10分〜15分で施術をしますが、その中でサービスを意識し、人にしか出来ない付加価値を与える事が出来る1000円カットサロンは残る可能性もあります。

 

*注意・お客様層によって発展するかどうかは変わると思います。

 

>>1000円カットと知名度に付いて触れて書いた『理美容師の知名度は単価の影響が強い・とみたnoteより』 - とみたブログ人気ですので参考にどうぞ。

 


どんな美容室理容室が残るのか


 

ここから書く内容はもしかしたら語弊を生む可能性もありますが、一気に書いていきます。

 

まずこれからも残る僕が思う美容室理容室は、『客単価と技術力が釣り合っているサロン』ではないでしょうか。

 

上記でも書いたように、ロボットによる自動化が出来るのがカット技術だと言うにも関わらず、客単価が高いサロンは現在多数あります。

 

高い客単価で営業を出来るようにする為には、技術に加えて接客力のサービスがとても大切になります。

 

これからの時代は技術だけにお金を払う事はなくなるのではないでしょうか。

 

技術だけに払うのであれば、それこそロボットでも代行出来ます。

 

例えばもしも『家庭カットロボット』が格安で普及した事を考えて頂きたいです。

 

この『家庭カットロボット』が一家に一台が当たり前の時代になってくると、美容室理容室に髪を切りに行く理由は『サービスを受けに行く』か『人に会いに行く』のどちらかの理由での来店動機のお客様が増える事でしょう。

 

故に、客単価とサービス力が釣り合っていないと美容室理容室に来店されるお客様は少なくなってくると思います。

 

客単価に付いては『髪に5000円は高いのに、ブランド品に5000円はなぜ安いのだろうか?』|冨田 光樹|noteという面白い記事を書いたので参考にどうぞ。

上記note記事が書いたnoteで今現在一番人気です。

 


最後に


 

こうやって考えていくと「理美容師はやめよう」「理美容師はだめだ」そのような否定的意見を持つ方は出るかもしれません。

 

でもそれは大きな間違いです。

 

否定する事は誰にでも出来ますが、否定を覆す事は誰にでも出来る事ではありません。

 

挑戦した人にしか肯定する事は出来ません。

 

これからの時代、正直何が起こるか僕も正確には分かり兼ねます。

 

でも一つ言える事があって、これからの時代楽しい事しか待っていないと言う事です。

 

やりたい事を好きに出来る人が増える時代になると思ってます。

 

生かされる立場から、楽しく生きる立場になりましょう。

 

ps.毎日ブログは更新していきます。

 

僕の自己紹介はこちらです。InstagramTwitternoteも掲載しています。

www.ribiyousitomita.com

 

現在理美容師で、アシスタントをしている方はこちらのYouTubeも参考にどうぞ。


理美容師のアシスタントで大切な事はこの10こ!

美容師理容師なり方を徹底解説『悩み解決』

f:id:menzusettoribiyousi:20190714232341p:plain

[美容師理容師のなり方とは]


こんにちは、冨田です。

 

今回の記事は先日撮影したYouTube動画を文字起こししてみた記事になっております。

 

*動画は美容師理容師になりたい人に見せるように好きなご使用下さい。
*今後動画はYouTubeで公開します。
*Twitterでも公開したら報告致します。

 

今回の記事で紹介する方法は毎度書いているのですが、専門学校全日制での免許取得方法と専門学校通信制での免許取得方法に付いて解説していきます。

 

>>オススメ記事 美容師理容師で夢を持つ人が離職・退職するのは逃げ - とみたブログ

 


全日制専門学校で免許取得する方法とは


 

全日制専門学校に通い免許を取得する方法は基本的には、『高校在学中に専門学校を受験し、高校卒業と同時に全日制の専門学校に通う』方法です。


*高校卒業してから日数が空いている方でも受験可能な全日制専門学校はあります。

 

この方法はとてもオーソドックスです。

 

美容師理容師になりたい高校生が先生に相談した時に教えてもらえるのが、大体この方法でもあります。

 

費用は250万円〜350万円くらいです。

 

次に通信制専門学校に通い免許取得をする方法に付いて解説していきます。

 


通信制専門学校に通い免許取得する方法とは


 

通信制専門学校に通いながら免許を取得する方法は、高校在学中にダブルスクールという形で通信制専門学校に通う方法と、高校卒業後に通信制専門学校に通う方法があります。

 

現在高校在学者は、前者になる事が多いかなと思います。

 

始めに前者の高校在学中に専門学校に通う方法に付いて解説していきます。

 

その方法とは高校在学中にまず入社サロンを決めてから、専門学校通信制を受験します。

 

僕の知っている専門学校通信科だと、働くサロンが決まっている事が大前提で入学出来るので、まずはサロン選びからになります。

 

そして3年間スクーリングをし、資格取得後晴れて正式に美容師理容師になれます。

 

次に後者の高校卒業後に通信制の専門学校に通う方法です。

これは入社サロンの許可がより重要になります。

 

入社先サロンからしたら、高校卒業後に専門学校通信科に通うとなると資格取得が遅くなるので、よく思うサロンは少ないです。

 

なので、サロン選びは慎重にする事が大切です。

 


最後に


 

いかがでしたか?この記事を読んで参考になって下さる方が1人でもいてくれると嬉しいです。

 

ちなみに補足ですが、美容師理容師は資格の職業なので美容師免許または理容師免許の取得が必須になります。

 

その方法は2つあって、全日制の専門学校に通うか通信制の専門学校に通うかです。

どちらの方が自分にあっているかを考えてから資格取得に向けて専門学校に通った方が僕は良いと思います。

 

頑張って下さい。

 

僕の自己紹介はこちらです。SNSも掲載しているので、DMで相談承ります。

www.ribiyousitomita.com

 

 

理美容師のアシスタント時代はハサミをもてないとは

f:id:menzusettoribiyousi:20190714001711j:plain

[理美容師のアシスタント時代はハサミが持てないとは一体なに]

*過去の固定概念は忘れましょう。


 

こんにちは、冨田です。

 

今回の記事では美容師理容師の『アシスタント時代はハサミをもてない』という昔からに慣習に付いて書いていきます。

 


美容師理容師のアシスタント時代は『ハサミが持てない』とは一体


 

これは理美容業界では頻繁に言われていますね。

 

「美容師理容師のアシスタント時代はハサミを持てないのが普通」とか「ハサミをアシスタントでもつな」とか言われているのが理美容業界です。

 

でもこの考え方は最近は減ってきたのではないでしょうか。

 

今では、アシスタント内からハサミを持って練習している人は沢山いますし、もっというのであれば、アシスタント時代から開閉練習等をしている人の方が技術向上は早い気がします。

 

この見出しに書いてある昔からの慣習の『アシスタント時代はハサミが持てない』に付いて一言でまとめるのであれば、『アシスタント時代はアシスタント業務に集中しろ』という事だと僕は思います。

 


昔からの慣習は忘れて時代の流れに乗ろう


 

確かにアシスタント時代にアシスタント業務を全うする事は大切です。

 

でも人間の時間は1日24時間もあるので、正直他の時間を使えば開閉練習等の練習をすることは可能です。

 

それに僕が思うのは、昔からの慣習に疑問を持ち練習した人の方が格段に成長は早いと思います。

 

もしも自宅でもアシスタント業務の練習をしていて時間がないという方は、1日経った10分開閉練習を100回するだけで、1年間で3万回以上開閉練習をした事になります。

 

これって凄い事だと思いますよ。

 

アシスタントの内からこれだけの数開閉練習をしているのであれば、いざカット練習がスタートした時に開閉練習という段階をはじめの内からスルーする事が出来ます。

 

スタートが大きく変わりますね。

 


アシスタント時代にこっそり出来るカット練習


 

アシスタント時代にこっそりと秘密でも出来るカット練習が、自宅での開閉練習です。

 

たった1日10分で100回の開閉練習をするだけで、1年間で3万回以上、もしも1日1000回の開閉練習をしたら1年間30万回以上開閉する事が出来ます。

 

これは本当にオススメの練習方法です。

 

あと2つ目がイメージトレーニングですね。

 

現場で働くスタイリストのカットを完璧にイメージ出来るようになるまで頭の中で思い浮かべます。

 

人間の脳は複雑ですが、単純でもあるのでイメージが精密になればなるほど、具現化が容易になり正確なカットが出来るようになってるので、これも是非実践してみて下さい。

 

ps.この記事を見て何か行動のきっかけになって下さると僕はそれだけで嬉しいです。

 

僕のプロフィールはこちら。SNSも掲載中なのでフォローして下さるともっと喜びます。

 

www.ribiyousitomita.com

 

先日のTweetはこちらです!

 

美容師理容師は今後はどうなるのか『パート2』

f:id:menzusettoribiyousi:20190713004651j:plain

『美容師理容師業界はこれからどうなるのか徹底予想』


 

こんにちは、冨田です。

 

先日の記事はこちらです。

www.ribiyousitomita.com

美容師理容師はAIに仕事が取られる可能性あり『対策』 - とみたブログ

  

この2つの記事にも書いてあるように『美容師理容師はAIに仕事を取られる可能性が大いにあります。もっと言うなら、現在の日本の仕事は大体AIが出来る事が多いです。』

 

ある大手の社長が「人間界が終わる」とも予想の発言をしています。

 

そんな将来予想をされている現在の日本ですが、果たして美容師理容師はどうなるのかを現場で働き、起業を目指している僕が徹底的に予想してみました。

 

この記事を読む前の注意点3つ

  1. 主観的記事構成になっています。
  2. 語弊を生むかもしれません。
  3. 美容師理容師の将来を考えている方のみ見て下さい。

 


1・美容師理容師の今後はどうなるのか


 

今後の美容師理容師業界は、まず単純作業がなくなるでしょう。例えば受付業務カルテ管理です。

 

まずはこの2つを見ていきましょう。

 


2・美容師理容師の受付業務はなくなる


 

一つ目の受付業務に付いてです。これはもう既に大手寿司屋や、他業種でも大手企業が受付をロボットがしているように、この流れは美容師理容師業界にもくると思います。

 

確かに、美容師理容師の受付はお客様とスタッフの距離を縮める瞬間ですが、この瞬間だけの為に雇われている方は人件費削減として、いなくなっていくと思います。

 

ロボットの方が安いですし、他でもお客様との距離を縮める瞬間を設ける事は可能ですから。

 

『人件削減というキーワード』はこれからの時代、人材確保の為に固定給が上がっていくので年数が経てば経つ程ニュース等で耳にしていく事でしょう。

 

ちなみに補足ですが、もう現在は人材確保に莫大な費用を使っている企業は出てきています。

 

こうやって考えていくと、受付業務はなくなっていくと考える事が出来ます。

 

*超美男美女や有名人の受付社員を毎年雇っていく企業はまた別ですが。

 


3・美容師理容師のカルテ管理はなくなる

 

美容師理容師のカルテ管理はなくなっていくと思います。

 

そう考える理由はIotです。

 

IotとはInternet of Thingsの略語です。意味は『モノがインターネットに接続され、情報交換する事により相互に制御する仕組み』です。

 

これだけ聞くと「なんだこれは」「これがカルテに何の関係があるんだ」と思うかもしれません。

 

今後カルテにIotがくっついてくると、例えば「お客様が来店されてボタン一つでカルテが出てきたりする」未来がくるかもしれません。

 

こうやって文字にすると漠然したただの空想に聞こえますが、もしも防犯カメラによるカメラで人を判断するサービスが美容室理容室にも主流になり、これがカルテとくっつけばありえない事ではありません。

 

しかももしも低コストでの導入が可能にあれば、もしかしたら全国の美容室理容室でも実施されるかもしれません。

 

Iotは僕は美容室理容室でもサービスとして今後影響してくると思います。

 


4・最後に

 

当ブログでは、美容師理容師や美容の話をしています。ダイエットや筋トレの話もしています。

 

基本的には美容師理容師と紐付けて書いているブログなので、現在美容師理容師の方や今後美容師理容師を目指す方や、他にも他業種の方で、少しでも面白いと思って頂いた方に見て頂きたいです。

 

今後とも宜しくお願い申し上げます。

 

僕のプロフィールはこちらです。

 SNSも掲載しているので、可能であればフォロー待ってます。

www.ribiyousitomita.com

 

理美容師はモチベーションでやるやらないを決めない

f:id:menzusettoribiyousi:20190712002640j:plain

こんにちは、冨田です。

 

今回の記事では、美容師理容師はもはやモチベーションの話ではないと言うことを書いていきます。

 


[もはやモチベーションの話ではない]


 

美容師理容師でモチベーションが上がらないから行動しないと言う悩みを、頻繁にSNS等で見かけます。

 

正直、もはやモチベーションの話ではありません。美容師理容師になったのであれば、結果が出るまで僕は行動するべきだと思います。

 

モチベーションが上がらなくて行動していない間にも、本気で行動している方がいる事を頭に入れておかないと、あっという間に抜かされるか差を付けられてしまいます。

 


[入社1年目は環境がモチベーションを上げる]


 

入社1年目の時は環境が自身のモチベーションを上げてくれると思います。

 

上司やお客様が可愛がってくれると、モチベーションが上がる人が多いです。

 

でもこれは入社1年目までです。入社2年目からは、後輩も出来てくるの自分のモチベーションは自分で上げる必要があります。

 

その方がもしも悩んだ時に、復帰しやすいです。環境に執着していないので。

 

補足・本来なら入社して直ぐの段階で自分のモチベーションをコントロール出来る人の方が将来性は高いと僕は思っています。スタート地点が違うので。

 


[モチベーションの上下が激しい人のメリットもある]


 

ここまで書いておきながら、モチベーションの上下が激しい人のメリットもあるので伝えていきます。

 

それはストーリー性が作りやすい事です。そしてファンも付きやすい事がメリットです。

 

初めから優秀な人よりも、初めは周りよりも劣っていてもその後に飛躍した人の方が応援してくれる人が付きやすいです。

 

例えば、入社1年目から何でも出来る超秀才よりも、何も出来ない人の方が心配になりますし、応援したくなります。

 

子供を見る親のような人が増えていくんです。

 

補足・子供を見る親のような感覚の人は、自分が負けるはずがないと思っているとあっという間に抜かされていくので要注意です。自分も成長を止めない必要性があります。

 


[モチベーションではない・やると決めたらやる]

 

もう美容師理容師業界に足を踏み入れたのであれば、やるしかありません。やると決めたのであれば最後までやり抜く事が大切です。

 

何でもやり抜くと言う事が出来る人と出来ない人とでは、将来全然違う人生になります。

 

モチベーションどうこう言っている前にやりましょう。夢は叶います。思考は現実になります。

 

最後に僕が入社当時何度も読み返した本を貼っておきます。

この本は本当にオススメです。どれだけ継続力が大切なのかが書いてあります。

この本の価格以上の知識が身につくと思います。

 

 

ps.夢は叶います。

 

僕の自己紹介はこちらです。SNSも掲載してます。Instagramでは頑張って自撮り載せてます。

www.ribiyousitomita.com