とみたブログ

美容関係の記事や、美容師理容師の記事を毎日更新しています。『美容』や『美容師、理容師』に付いて興味がある方向けです。

美容師理容師で結果が出る人出ない人

f:id:menzusettoribiyousi:20190520091754j:plain

{美容師理容師で結果が出る人出ない人}

→誰でも結果は出せるようになります。

 

こんにちは、冨田です。

この記事では美容師理容師で結果が出る人と出ない人がいるのは何故かに付いて具体的に解説してあります。

 

記事の信憑生をあげる為に先に自己紹介を貼っておきます。僕はこんな人です。

 

www.ribiyousitomita.com

 

 


結果を出す美容師理容師は何かと何かを組み合わせる


 

結果の出ている美容師理容師は大体は、何かと何かを組み合わせてより大きな結果にしています。

 

例えば、ある有名美容室では、SNS戦略を使い、名を広めたり、求人をしたりしています。

 

これは美容師理容師の本質の『髪を切る』という事からかけ離れた事をして結果を出しています。

かけ離れたというと語弊を生みそうですが、もっと言うなれば組み合わせて結果を出しているんです。

 


100人に1人の逸材の能力を3つ以上つくる


 

美容師理容師は日本だけでも人数が約70万人います。この中で結果を出す為には普通ではダメです。

 

なんとなく働いていれば良いという考えの方もいますが、その方にとってはこの記事は無意味です。きっとこの記事を読んでいる方は、美容師理容師として何かしらの結果を出したい方だと思います。

 

その結果を出す一つの方法としては100人に1人の結果を3つ以上つくる事です。

 

これは世の中的にも頻繁に言われる事であって、ホリエモンさんの書いた『多動力』にも載ってました。

 

この100人1人の逸材の能力を3つ以上つくる事で、100×100×100で100万人に1人の逸材になれます。

 

一つ一つの分野はかけ離れていればいる程良いです。理由としては希少価値が上がるからです。

 


結果を出す時の注意点


 

結果を出す時には注意点もあります。

 

それはこの2つです。

  1. 嫉妬という名の否定が来る
  2. 最初は一点突破しないと失敗確率が上がる

 

結果を出す人には否定はつきものです。でも結果さえでれば否定は肯定に変わる確率が高いのでやると決めたら最後までやり抜きましょう。

 

先日のツイートでも同じような事を発信しました。

 

もう1度いいます。何かやると決めたらどんなに否定されてもやり抜きましょう。

 

次の『最初は一点突破しないと失敗率確率が上がる』に付いてを、逆説的に書くと、初め何かで土台を作った方が成功しやすいという事です。

 

一つの成功体験から広げて行った方が確実に成功率が高くなるので、まずは一点突破で大きな結果を生み出しましょう。

 

ps.これからは夜中ではなく朝〜夜にかけて配信します。読者様が増えてきたので!

 

美容師理容師はクレジットカードで損をする『改善』

f:id:menzusettoribiyousi:20190519010742j:plain

美容師理容師はクレジットカードで損をする『改善』

美容師理容師はクレジットカード決済をして損をする人が多い。

 

こんにちは、冨田です。

 

この記事では美容師理容師の方がクレジットカードで損をしている人が多いのでその改善策を書きました。

 

先日『美容師理容師の収入源の記事』を書きました。金銭的なシビアな記事を増やしているので参考にして下さい。

www.ribiyousitomita.com

 

 


まず何故美容師理容師はクレジットカード決済をする人が多いのか


 

美容師理容師はクレジットカード決済をする理由は、他業種の方も同じですが次の給与に期待しているからです。

 

美容師理容師のような業界は、歩合給という賞与に執着しがちな業界でもあります。

 

歩合給等に執着しがちな理由は、美容師理容師業界は労働時間がグレーゾーンな業界であり、その分、賞与所定外労働時間給与(残業代)として支給している美容室理容室が多い業界だからです。

 

これからは働き方改革によって労働時間に規約が厳しくなるので、グレーゾーンの美容室理容室はより一層増えるでしょう。

 

そうなると賞与所定外労働時間給与(残業代)の支給が増えます。少ない給与から若干給与が増える事により、来月の給与に期待してクレジットカードを使う人も増えます。

 

これはあくまで一つの例え話ですが、何が言いたいかというと少ない給与の人程、クレジットカード決済使用回数が増え、それに比例して決済金額を計算しない人も増えるという事です。

 


美容師理容師がクレジットカード決済で損をしない方法


 

もしもこの記事を読んでいる方が、個人事業主株式社長であれば現金決済に変更し領収書をもらい、税金対策をする事が可能です。クレジットカード決済の領収書に付いても似たような方法がありますが、それはここでは控えておきます。

 

雇用されている正社員有期契約社員の方が、クレジットカード決済で損をしない方法としては直接銀行引き落としをしてくれる、銀行直結のクレジットカードに変更をしたり、後は賞与に執着しない事です。

 

補足ですが、美容師理容師業界で頻繁にあるのが、指名賞与に期待してクレジットカード決済を使用し、予想よりも指名数が少なくて支払いが困難になるケースです。

 

指名数というのは、先月や先々月、もっというと今まで積み上げてきた努力で出る数字であるので予測は大まかにしかする事は出来ません。

 

もしかしたら今月来店される予定のお客様が来月に変更になる可能性もあるので、大前提として『確定指名数は施術をして初めて数字として成り立つ』という事を理解しましょう。

 

固定給の範囲内で余裕を持って支払える上限額でクレジットカードを使用する事をオススメします。

 

 イオンカード(WAON一体型) なら年会費無料なので参考にして見て下さい。年会費は固定給として支出になってしまう可能性が多いので、年会費はない方が良いです。

 

 

ps.クレジットカードの計算は絶対した方が良いです。もしも合計決済金額を計算するのが面倒な方はクレジットカードによっては自動計算をしてくれるアプリもあるので参考にして見て下さい。

 


この記事が参考になった方にオススメ記事を3つ程載せます。


 

1・短期投資や長期投資をしたい美容師理容師の方へ

www.ribiyousitomita.com

 

2・美容師理容師の方の開業資金調達方法

www.ribiyousitomita.com

 

3・美容師理容師が同業に転職する際の注意点

www.ribiyousitomita.com

美容師理容師は収入源を増やすと人生が変わる

 

f:id:menzusettoribiyousi:20190518013509j:plain

{美容師理容師は収入源を増やすと人生が変わる}

美容師理容師は一つの固定給への執着をやめましょう。

 

こんにちは、冨田です。

 

この記事では美容師理容師が収入源を増やすと人生が変わる事に付いて具体的に書いてあります。勿論、その方法に付いても書いてあります。

 

先日『美容師が投資(株等)をする際の注意点『初心者へ』 - とみたブログ』を書きました。

 

美容師理容師、他業種の方含め、収入源を固定給以外からもらう事は非常に重要です。この記事に具体的な方法も書いてあるので参考にして下さい。

 


『美容師理容師は収入源を増やすとどうなる?』


 

美容師理容師が収入源を増やす事のメリットは沢山あります。勿論デメリットもありますが、デメリットに付いては順を追って説明していきます。

 

収入源を増やす事で、会社支給の固定給に執着しなくなるのが一番のメリットです。特に日本はプレートの影響か何かで地震大国であり、頻繁に地震がきます。

 

美容室理容室のような実店舗型でのビジネスは、店舗がなくなると収益源が一気に0円になります。保険に入っていても一次的な支給が大半です。

 

また新しく実店舗を作るまでに、莫大な時間がかかってしまうので、店舗が完成するまでの期間は減給になる可能性もあります。

 

それを補うのが収入源の分散です。

 

固定給以外に収入を得る事で、実店舗に何かあった際の助けになります。

そしてそれは美容室理容室のような実店舗とは異なる、携帯やパソコン一つで簡単に出来る事がいいでしょう。そうする事で地震対策を個人で行う事が可能です。

 

www.ribiyousitomita.com

 

上記の副業の記事に稼げる副業を書いたので参考にして下さい。

ちなみに長期投資が一番良いと僕は思います。投資の記事はこちらです。長期投資から短期投資まで書いてあるでの参考にして見て下さい。

 

www.ribiyousitomita.com

 


『収入源を増やすメリットは多数ある』


 

上記では地震に付いて触れましたが、勿論他にもメリットはあります。例えば重要な意思決定をする時に思い切った決断をする事が出来るようになるのもメリットの一つです。

 

アメリカの大手企業ではCEOに就任したと同時に、莫大なお金を頂くとの事です。その理由は『思い切った決断が出来るようにする為』です。

 

人間お金がなくなる事を恐ると、決断を躊躇してしまいがちです。アメリカのある大手企業のような例は日本の美容室理容室ではほぼないので、個人で収入源を増やして良い決断が出来るようにするのもメリットの一つです。

 

他にも収入源を増やすメリットとしては『単純に能力が上がる事です。』

 

美容室理容室のような人対人の接客業に加えて、ITや投資を通しての金融、又はライターでの文章能力は実店舗にも活かす事が可能です。

 

他にも収入源を増やす事のメリットをあげたらきりがありません。一つ言える事は、これからの時代、美容師理容師も『IT・金融』は学んだ方が絶対良いです。

 

美容師理容師は日本だけでも約70万人もいるので、その中で勝ち上がるとしたら能力は高めるべきです。しかも給与がもらえて能力も上がるので一石二鳥です。

 

収入源を増やす際のデメリットとしては会社にバレた時に手間がかかるくらいです。でもバレない方法はあります。

下記の記事に具体的なバレない方法が書いてあるので、もしも収入源を増やして自己実現したい方がいましたら、下記の記事を読んでから実行して下さい。

 

www.ribiyousitomita.com

 

ps.誰よりも結果が欲しい方や、転職したい方も是非実行して見て下さい。

 

 もう一度載せますが、この2つの記事に大体の収入源を増やす方法は書いてあります。

www.ribiyousitomita.com

www.ribiyousitomita.com 

美容師理容師の開業資金調達方法『独立』

f:id:menzusettoribiyousi:20190517020751j:plain


美容師理容師の開業資金調達方法『独立希望者向け』
開業資金調達方法は融資だけではありません。

 

こんにちは、冨田です。

 

この記事では美容師理容師が開業資金を調達する方法に付いて具体的に書いてあります。

 

先日の記事では『投資』に付いて美容師理容師の労働時間に基づいて書いたので、お金を増やす事が目的な方は下記を参考にして下さい。

 

www.ribiyousitomita.com

 

 


美容室理容室の開業資金はどれくらい


 

開業資金はピンキリで、運転資金も含めると最低500万円以上は必要です。あくまで最低金額です。ですが外観等に費用は沢山使った方が成功確率は勿論上がるので、正直1500万円は貯蓄しておくべきです。

 

もっと言うと、サロン規模によって開業資金は異なりますが、人件費は大体同じくらいです。なので運転資金込みで開業の際は1500万円を現金で用意する事をオススメします。

 


開業資金はどう集めるのか


 

美容室理容室の開業資金調達方法は、自己資金数百万円に加え、銀行融資日本金融公庫での融資によって調達するのが主流です。

 

過去にクレジットカードでの滞納等がある方は返済能力がないとみたされる可能性があるので、もしも融資が下りなかった場合を考えると他の資金調達方法も考える必要があります。

 


融資以外の開業資金調達方法


 

美容室理容室を開業する際の資金は基本的には『融資』と書きましたが、他にも方法はあります。

 

例えば、クラウドファンディングで投資してもらう方法です。クラウドファンディングには現在『購入型融資型寄付型』があるので自分の独立にあった方法を選ぶ事がオススメです。

 

クラウドファンディングは基本的には一般から一般への投資なので、お金以外のメリットを生み出す事が可能です。例えばクラウドファンディングを通してファンが出来る等です。

 


VCに投資してもらう

 

世の中にはVC(ベンチャーキャピタル)という投資会社もあります。

VCの送金速度は早いので早期で運転資金が欲しい方は、VC側にもメリットがあるようにプレゼンをして投資してもらう事も可能です。

 

勿論VCもビジネスとしてやっているので、投資する起業家は選びます。なのでもしもVCに行くのであれば魅力的なプレゼンをしましょう。

 


オススメしない親戚からの出資

 

稀に親戚や家族に出資をしてもらうという話を聞くのですが、それはオススメしません。

 

親族や家族とお金での関係で繋がる事になりますし、何より親戚や家族からの出資だと無意識的に稼ぐ事への思考が停止してしまう可能性があるからです。

 

これから稼ぐのに、元々親しい血で繋がった方に借りるのは稼ぐ事を考えなくなるので開業資金は自分で稼ぐか投資者又は投資企業を見つけるか融資を借りた方が良いです。

 

ps.資金調達をする際に使った時間は将来返ってくるので、開業資金はご自分で調達しましょう。

 

本気で資産運用でお金を増やしたい方は上記と同じこの記事を参考に。

 

www.ribiyousitomita.com

 

他業種へ転職したい方は誤解を解決してからにしましょう。 

www.ribiyousitomita.com

 

次の仕事を探している方はこちらです

 

www.ribiyousitomita.com

 

 

美容師が投資(株等)をする際の注意点『初心者へ』

f:id:menzusettoribiyousi:20190516192555j:plain

{美容師が投資(株等)をする際の注意点を簡単にまとめた }

 

こんにちは、冨田です。

 

この記事では美容師理容師がFXまたは仮想通貨をする際の注意点に付いて書きました。

 

結論→美容師理容師もどんなに忙しくても投資を始めることは出来る。

 そして稼ぐ事は可能である。

 

 


投資はどんな投資があるのか


 

投資は一つではありません。株式投資FX投資仮想通貨投資不動産投資等々、投資には色々な種類があります。

 

まずは投資の種類を選ぶ事がスタートです。

 


美容師理容師に短期トレードは向いているのか


 

短期トレードとは、今すぐに儲け、短期で稼ぐことの事を言います。*今すぐに儲けたい人が行うのが短期トレードです。

 

1日に何度もトレードをする事はデイトレードと言いますが、2日〜10日程度でトレードを行う事をスイングトレードと呼び、デイトレードとは異なります。

 

正直、美容師又は理容師の方が短期トレードを行う事に関しては、オススメしません。既に独立されて、現在個人事業主や株式社長として時間に余裕がある方は例外です。

 

雇われの身として働いている美容師理容師は、労働時間が長い職業なので短期トレードをする時間は極めて少ないです。

 

でももしも、直ぐに投資で稼ぎたい方は、スイングトレードのように日をまたがず、1日で出来るデイトレードにしましょう。

 

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX でしたらスマホからも簡単にデイトレード出来ます。しかも3つの信託銀行で資産を管理してくれるので安心です。

 

注意点としては投資初心者が10万円以上の金額で投資を始めない事と、レバレッジという掛け金を何倍にもして投資をしない事です。美容師理容師の全国平均給与をみる感じ、スタートは5万円が良いと思います。

こちらから簡単に口座開設 出来ます。

口座開設

 


美容師理容師は長期投資がオススメ


 

投資の手法には上記の短期トレードに加えて、長期投資があります。

 

長期投資とは、長期にわたって金融商品をそのまま持ち続ける投資の事です。長期投資では投資による平均収益率は安定していく傾向にあります。

 

特に美容師理容師は労働時間が長いので、スイングトレードをする時間をとる事は極めて難しいです。もしもスイングトレードをする時間を作る事が出来たとしても、仕事中に携帯でチャートをチェックしなければいけません。

 

時間がなくても、仕事場以外から中長期的に収入を得たい方は長期投資がオススメです。『長期投資でしたらロスカットという損切りをしない限りは安心して投資をする事が可能です。』

 

数社比較してみましたがやっぱり DMM.com証券 は手数料が無料で、しかも電話、メールに加え、LINEでもサポートしてくれるのでオススメです。サポート付きだと安心して投資を始める事が出来ます。

DMM.com証券

 


投資記事の最後に

 

美容師理容師の方で、資金を増やしたい方は多いと思います。そして仕事以外から資金が増えれば人生の幅は広がります。

 

アメリカのある大手企業ではCEOに就任したと同時に高額な金額(数億)を支給をするとの事です。その理由は『決断をしやすくする為』です。

 

美容師理容師にもこれは置き換える事が出来、他からの収入があると大きな決断をする際に思い切った決断がしやすくなります。

 

決断をする上でも、お金はとても大切になります。なので収入源は増やすべきだと思います。

 

この記事を見て、投資をして見たくなった方は是非挑戦してみて下さい。

 

FX投資や仮想通貨投資が怖い方はサラリーマンがマンション経営で年収UP!【DVDプレゼント中】 で30秒程で簡単に資料請求する事が出来るので参考にして見て下さい。「無料なら良いよね」って僕は思います。

サラリーマンがマンション経営で年収UP!【DVDプレゼント中】

 

ps.現場で給料をもらいつつ、5万円からのデイトレードで資金を増やし、5万円程長期投資に回すのも一つの手法です。

 

もしも会社に投資をする事がバレたくない方は税金等に付いて下記の記事に書いたので参考にして下さい。

 

www.ribiyousitomita.com

 

他にも収入源を増やす方法はあります。類似していますが美容師理容師の副業に付いて書いた記事はこちらです。

www.ribiyousitomita.com

 

 美容師理容師で転職したい方はこちらも参考にどうぞ。

www.ribiyousitomita.com