ribiyousitomita.barber

このサイトでは、理容師美容師、理容室美容室、進路の事等々の投稿をしていきます

美容師理容師が早くにスタイリストになる方法と重要性

f:id:menzusettoribiyousi:20190116190755j:plain

 

こんにちは、冨田です。

 

今回の記事では『早くにスタイリストになる方法とその重要性』について解説していきます。

 

www.ribiyousitomita.com

 先日の記事はこちら。不器用でもやれば出来る事を書きました。

もっと高効率でスタイリストになる方法をまとめていきます。

 

記事目次

  • 環境で8割以上変わる
  • 努力よりも先に環境選び

 

環境で8割以上変わる

正直に言うと環境で美容師理容師人生の8割以上は変わります。スタイリストデビューが遅いサロンに入社してしまうと『大事な若い期間の大半をアシスタントで過ごしてしまう事になってしまいます。』

 

どれくらいの差があるのか

遅いサロンだとスタイリストになるまで5年とか6年かかるサロンもあります。語弊を恐れずに言うと、『こんなにアシスタントする意味あるんですか』って思います。

 

早いサロン

早いサロンは努力次第では1年以内のデビューが可能です。数字で見てもこれだけの差があります。

 

どっちが良いの!?

それは価値観の違いですが、僕は誰よりも早くにスタイリストになるべきだと思ってます。その理由はスタイリストにならないと何も始まらないからです。

 

美容師理容師の勝負はスタイリストになってからが勝負

美容師理容師はスタイリストにならないと勝負の土台にすら立てません。『正直土台に立とうと努力している間にも他の同期に先を越されてしまいます。』

 

平均はどれくらいでスタイリストになれるの??

平均2〜3年だと僕は思ってます。この統計は日本では曖昧な数字しか出ていませんが僕の周りの人の話を聞くと大体平均これくらいです。

 

『早くスタイリストになりましょ!』って事です。

 

次は『努力よりも先にサロン選び』の重要性について書いていきます。

 

努力よりも先にサロン選び

上記でも書いたようにサロン選びで美容師理容師人生は大きく変わります。サロン選びで大切な事はスタイリストに早くなれるかです。

 

大きな間違い

サロン選びをしている方の大きな間違いは『憧れ』だけで就職先を決めてしまう事。数字だけ見て就職先を決めてしまう事です。

 

これは大きな間違いで、その数字が出るのは理由があります。そのファクトだけを捉えてしまうと最悪な美容師理容師人生を送ってしまう事になります。

 

最悪は言い過ぎましたが、本当に自分の求めている人生は望みにくいです。

 

そんなに甘くない

正直、美容師理容師はそんな憧れだけで生きていける程甘くない。初めは憧れで良いです。でもそこからは頭使って考えましょう。その判断記事はこちらのブログに掲載してあります。今後も皆さんの為に増やしていきます。

 

なんでそんな甘くないの!?

美容師理容師って日本に合計で70万人以上います。しかも年々増えたり減ったりしています。『今後も増えていくとしたらその中で勝たないと生きていけない。』

 

『生きていけない。』と言うと大げさですが本当に生きていけません。年に151社倒産した年もあります。しかも負債額何百億とかの次元です。この事実は美容師理容師で経営者を目指す方には衝撃のニュースだっと思います。

 

それ程競争は激しいです。今後の美容師理容師についての予想はこちらに書いてあるので参考にして下さい。

 

www.ribiyousitomita.com

 

どうすれば良いのか

まずはスタイリストに早くなれるサロンを徹底的に考えて探しましょう。

その時の注意点はこちら

  • 憧れたらその後は考える
  • その数字が出ている理由も考える
  • 将来性のないサロンは微妙

 

例えば1000万円スタイリストになっている方がいるとしましょう。正直1人で1000万円売り上げるとしたらそこには沢山の協力があってその数字が出てます。又は客単価がとんでもなく高いです。個人ではなくチームで働くのが美容師理容師です。もう一度言います。『個人ではありません。チームの結果です。』

 

将来性とは

自分が将来どのようになれるのか。これが将来性です。男性ならずっと働けるのか。又は経営者になる制度があるのか。女性なら産休制度が欲しい方はいつでも取れるのか。です。

 

補足ですが、産休制度が「10年働いたらとれますよ。」と掲げているサロンもありますが、10年後に産休制度とって3年後に復帰したら33歳です。『子供は産みたい時に産めるサロンが良いと僕は思ってます。』その後の制度がどうなっているかも見ましょう。

産休制度をいつでも取れるサロンは沢山ありますよ。

 

まとめ

上記で書いたようにサロン選びはとても重要です。サロン選びで美容師理容師人生の8割以上は決まります。誰よりも早くスタイリストになる為にはどうすれば良いのか。それを軸にして考えて頂きたいです。『使い捨て美容師、使い捨て理容師』そんな言葉があります。

 

それは何かというと、年をとったら使い捨てにされてしまうという事です。若いうちが勝負の美容師理容師。自分が年齢を重ねていく内に若いスタッフは入社してきます。どんどん自分は年齢を重ねます。

 

そんな時、自分の将来はどうなるのか。短期間で目先の事よりも将来の事を考えて頂きたいです。僕は使い捨て美容師理容師の話を聞くと悲しくなります。

そんな美容師理容師をもう増やしたくない気持ちが強いです。

 

『自分の働くサロンを決める。又は新しいサロンを探している方』はこの記事を参考にして頂けると幸いです。

 

僕のTwitterはこちら

twitter.com

 

LINE@で個別相談受け付けております。無料です。

友だち追加

冨田光樹のLINE。僕個人で運用しております。

 

noteもやってます。記事を1部無料公開してます。

『不器用だね』と言われ続けた僕がスタイリストになって3年6ヶ月で副店長にまでなった話|冨田 光樹|note

  

 

人気記事はこちら

 

www.ribiyousitomita.com

www.ribiyousitomita.com

www.ribiyousitomita.com