トミブロ

美容関係の記事や、美容師理容師の記事を毎日更新しています。『美容』や『美容師、理容師』に付いて興味がある方向けです。

美容師理容師の腰痛改善方法『腰痛は離職に繋がる』

f:id:menzusettoribiyousi:20190314010132p:plain

美容師理容師『腰痛』改善方法とは

こんにちは、冨田です。
先日の記事はこちら。

www.ribiyousitomita.com

 先日の記事は『手荒れ改善方法』について書いて、今回の記事は『腰痛の改善方法』について書きました。

 

美容師理容師は『腰痛』に悩まされている人が多いです。ある話では離職率の理由にも含まれているとか。 

 

 

腰痛の原因一つ目

⓵バックシャンプー
腰が痛くなる原因として、一つ目はシャンプーです。バックシャンプーの姿勢は特に腰を痛めます。

 

バックシャンプーとは

バックシャンプーは、お客様を寝かせて行うシャンプーの事です。
立ったまま行うスタンドシャンプーとは異なります。

現場にいる僕としても思うのが、バックシャンプーは体制を間違えると腰を痛めます。

 

『背筋と腹筋を鍛えるのが良い』とも言いますが、それは時間もかかるし、体力も使います。

 

『腰痛改善策』


  1. 直立状態のまま腰を曲げるのをやめる
  2. 足を一歩後ろに引く

 

たったこの2つは直ぐに行える改善策であって、お金も時間もかかりません。

お金と時間をかけず、直ぐ実施出来る改善策としてはこの2つです。
アシスタント時代に上記の方法で、改善したスタッフも僕含め多数いました。

 

お金をかけた改善策

正直、お金をかけた方が高効率で改善は可能です。
体を鍛える事で、足腰、背筋、腹筋が強くなり腰痛の原因の筋力不足対策になります。

 

美容師理容師は。。


  • ジムに行くのは時間がない。
  • 自宅で鍛えるしかない。

 

そんな方が多いです。労働時間に加えて練習もあるので、高速時間は長いです。その後にトレーニングとなると大変ですね。

 

なのでやるからには高効率がオススメです。男性の方であれば、プロテインを飲む事をオススメします。

 

僕も筋トレはしているのですが、プロテイン飲むようになってからと、飲まない時では成果は全然違いました。

 

腰痛の原因二つ目

⓶立ち仕事


長時間立った状態のまま仕事をするのが美容師理容師です。その分、腰への負担は大きいです。長い時だと10時間立ちっぱなしの時もあります。

 

そして長時間立っているとどうしても片足重心になりがちです。
余計負担は大きくなります。

 

改善策
改善策としては、こまめにストレッチをしましょう。
ストレッチをする事で、固まった体がほぐれます。
膝への負担も大きい仕事なので『屈伸運動』が特にオススメです。

 

スタッフ2人以上いる場合の改善策


他者と『背中と背中を合わせて腰を伸ばしましょう。』そうする事で固まった筋肉も伸びます。筋肉を伸ばす事が大切です。

 

寝る前にストレッチやマッサージをしてから寝るのもオススメです。
立ち仕事をしていると、脚の筋肉は固まりがちなので腰への負担が大きくなります。
たった5分〜10分程で軽減出来ます。

 

まとめ


<腰痛の原因>

  • バックシャンプー
  • 立ち仕事

 

<改善策と軽減策>

  • シャンプーの姿勢を見直す
  • 足腰、腹筋、背筋を鍛える
  • ストレッチ
  • マッサージ

 

最後に


僕も現場で働く身として、アシスタント時代は頻繁に腰を痛めてました。ヘルニアやぎっくり腰になる前に対策をする事が大切です。
時間があればジムに行きたいのですが。。。

 

僕の自己紹介はこちら
Twitterでは『ブログみてます』とか言って頂けると嬉しいのでフォロー返します。

 

www.ribiyousitomita.com