とみたブログ

主に美容関係の記事が多い特化ブログです。

メンズ眉毛をカットして自分で整える方法『簡単5分』

f:id:menzusettoribiyousi:20190315223809j:plain

[メンズ]眉毛をセルフカットして簡単に整える方法を解説『簡単5分』

眉カットは誰でも簡単に5分で出来るようになります。

 

こんにちは、冨田です。
この記事がためになる方はこんな方。

 

  1. 自分で眉毛を整えるメンズ
  2. 簡単に眉毛カットしたいメンズ
  3. 具体的なやり方を知りたいメンズ

 

眉カットは簡単に出来る方法があるので参考にして下さい。

→僕は仕事で眉カットをしている身なので信憑性はあります。

 

 

 

⓵眉毛を抜く人へ

眉毛を抜くとその部分に穴が空いているように見えてしまいます。
『欠損があるようにも見えるので、抜くのはやめるべきです。』

 

眉毛を抜くよりも、もっと効率良く綺麗な眉毛をつくる方法があります。この記事で解説していきます。

 

⓶眉毛の形はどう整えるのか

稀にT字のカミソリで整える人がいますが、それは難しいです。T字のカミソリだと『眉下が剃りにくい』事に加えて、眉上を剃っている時に少し力が入るだけで『眉毛をそぎ落とす可能性大です。』

 

*T字のカミソリでの眉毛カットは眉毛をなくす可能性大!

 

なので眉毛の形を整える際は『トリマー』を使用する事がオススメです。
眉カット代1年分と比較すると低価格で購入出来ます。

パナソニック プロ ウブ毛トリマー ES2119P-S(シルバー調)【トリマー トリミング うぶ毛 産毛 コードレス Panasonic】

こちらとか良いです。トリマーの用途としては普段剃れない産毛まで剃ってくれるので、男性ですと顔色が綺麗に見えたり、女性ですと化粧ノリが良くなったり、利点が多いです。

 

⓷眉毛の長さを整えるには

眉毛の長さを整える際に、櫛とハサミで短くする事も可能ですが、それだと時間がかかります。もっと効率良く短くした方が早いです。

その前に注意点としてT字のカミソリで眉毛を短くするのはやめましょう。

T字のカミソリは眉毛を短くしているように見えて、実は眉毛を抜いている可能性もあります。


上記の『眉毛を抜くと眉毛に穴が空いてみえる』に該当してしまうので、あまり良くないです。

 

* T字のカミソリで眉毛を短くすると穴に見える可能性大。

 


『眉毛を効率良く短くする方法』


 

 眉毛を高効率で短くする方法としてバリカンで長さをとるのが良いです。

ミリ数はこちらを参考にして下さい。

 

  1. 濃い眉毛→3ミリ以上
  2. 少し濃い眉毛→2.7ミリ以上
  3. 少し薄い眉毛→2ミリ
  4. 薄い眉毛→0.8ミリ

 


  • 濃い眉<少し濃い眉<少し薄い眉<薄い眉
  • 3ミリ>2.7ミリ>2ミリ>0.8ミリ

 

バリカンで眉カットを自分で行う際には、長いミリ数のアタッチメントを付けたバリカンから始めて、どんどん短くしていきましょう。

 

始めから短いミリ数のバリカンでやると、調節がしにくくなります。
自分の眉毛を見て、徐々に短くしていく事がオススメです。

→慣れてきてから始めから短いミリ数のバリカンで行いましょう。

 

バリカンはアタッチメントを変更出来るのが良いです。ミニバリカンもありますが、自分でツーブロックもしたい方は普通のバリカンが良いです。
パナソニックが大ソドックスですね。

 

こちらのバリカンはサロンでも使用している所があるバリカンなので、お値段高い分性能は良いです。これは長く使い続ける方向けですね。

[送料無料][商品確保済!2営業日以内に出荷可能!!] パナソニック プロリニアバリカン ER-GP80 (国内正規品)

 

『眉毛の形を整える』で紹介した、トリマーがあるだけでも、眉毛カットはしやすいですよ。


まとめ

  1. 眉毛カットはT字のカミソリでは剃らない。
  2. 眉毛カットはT字のカミソリで短くしない。
  3. まずはバリカンで短くしてから。
  4. 次にトリマーで形を作る

自分に合う眉毛を作ってみましょう。

眉毛カット出来る様になると楽しいですよ。

 

最後に

男性の方は是非、実践して頂きたいです。

女性の方は、眉毛の濃い友人や恋人、はたまた会社の方に教えてあげて下さい。

眉毛は顔を形成するので大切です。眉毛こまめに調節出来る様になる事を願ってます。

 

眉毛を書きたい方は下記に『7日間消えない眉毛』と言う凄いのがあります。

お泊りも怖くない
セルフタンニングアイブロウ

 

 

僕のプロフィールはこちらです。

Twitterでは「ブログ見ました」とか言って頂けると嬉しいのフォロー返します。

 

www.ribiyousitomita.com

ブログからTwitterとべます。