とみたブログ

美容関係の記事や、美容師理容師の記事を毎日更新しています。『美容』や『美容師、理容師』に付いて興味がある方向けです。

美容師理容師は稼げるのか『稼げる』

f:id:menzusettoribiyousi:20190321004108j:plain

美容師理容師は稼げるのか『稼げます』

美容師理容師は稼ぐ事は出来ます。この記事に具体的に書きました。 

 

こんにちは、冨田です。

今回の記事では美容師理容師が稼げるのかどうかに付いて書いていきます。
→少しシビアな話になります。

 

美容師理容師は『稼げる人と稼げない人』に大きく分かれます。その二者に付いて具体的に説明します。

 


この記事が為になる人はこんな人

  1. 美容師理容師の方
  2. 美容師理容師を目指す学生
  3. 美容師理容師の事を知りたい人
  4. 知人に美容師理容師になりたい人がいる人

 →知人に美容師理容師がいる人は教えてあげてください。

*この記事はSNSでの発信やLINEで送っても大丈夫です。

記事が良かったら伝えて上げて下さい。

 

 

 


1・美容師理容師は稼げるのか



正直、環境で稼げるかどうかは決まります。特に生涯雇用を目指す方は環境次第です。
短期で稼ぎたい人は『完全歩合制給料』のサロンで働く事で稼げます。

 

ですが美容師理容師は若い内に稼げても、年を重ねるにつれて、新卒の方が入社し、お客様は『転勤転職等』でその地域からいなくなると指名客数は減少し、それに伴って給料は減っていきます。

 

・短期のみで稼ぐなら完全歩合給制のサロンへ

 


2・美容師理容師は将来的に稼げるのか



将来稼げるかどうかに付いては、生涯雇用の方は将来的にスタイリストから『マネジメント、マーケティング』に移行する必要があります。

 

→理由としては美容師理容師は体が主の仕事なので、一生涯スタイリストとしてのカット業務のみで生きていくとなると、一生健康でいる必要性があるからです。

 

もしも一生涯カットのみ業務で美容師理容師として稼いでいくとしたら、将来的に回転率の早いサロンではなくお客様単価がとても高いサロンへ入社をし、体に負担をかけない事です。
目安として客単価1万円以上です。(→高額サロン)

 

[独立思考の方は例外]

独立思考の方は例外です。
起業を目指す方は目先の給料よりも、雇われの内にどれだけ自己成長出来るかが大切になります。

 

生涯雇用も同じですが『自己成長』が何より大切です。自己成長しない限り独立しても成功は掴みにくいでしょう。

 

独立して、成功したいのであれば目先の給料よりも将来性を見る事がオススメです。

 

給料少ないと独立出来ないと言う声も聞きますが、固定給18万円以上あれば6〜8年程で独立出来ます。
残りの資金は銀行で借りる事が出来ます。

『銀行によっては利子率も低く借りれます。』


優れた人は、雇われの内に他分野で学びつつ副業で貯めている人もいます。
副業で毎月5万〜10万円程稼げれば資金調達は出来ます。

副業については先日記事にしたので参考に。

*副業がバレない対策方法も書いてます。 

www.ribiyousitomita.com

 

・独立思考の人は短期ではなく中長期で見る
・生涯雇用の人は将来マネジメントorマーケティングへ

 

生涯雇用志望にせよ、独立志望にせよ自己成長が何より大事です。

 


3・美容師理容師は短期で見ない事


 

美容師理容師は短期で見ると、中長期的に独立を考えている人よりも稼げません。
この記事も参考にしてください。

 

www.ribiyousitomita.com

 *歩合給と独立について書いてます。

 

どの仕事も同じですが、短期のみで見てしまうと将来の幅は狭くなります。
中長期的に見て行動する事がオススメです。


僕的には『人か物かお金』のどれを動かすのが向いているかを見るべきだと思ってます。詳しくは上記の副業の記事へ。

 ちなみにこちらです。

www.ribiyousitomita.com

 


最後に


 

美容師理容師をこれから目指す方や、現在美容師理容師の方の人生が良い方向に向く事祈っております。
僕のプロフィールはこちらです。

www.ribiyousitomita.com

*TwitterではDM返します。

 

【デトランスα】初回定期お試し999円モニターコース