トミブロ

美容関係の記事や、美容師理容師の記事を毎日更新しています。『美容』や『美容師、理容師』に付いて興味がある方向けです。

自分で髭を剃る時の注意点『理容師』

f:id:menzusettoribiyousi:20190323011107j:plain

『自分で髭剃りをする時の注意点を具体的に解説した』

 

こんにちは、冨田です。


この記事は『自分で髭剃りをする具体的な方法を知りたい男性』に向けた記事構成になっています。
→自分でも髭は綺麗に剃る事は出来ます。

 

○この記事が為になる方はこんな方


  1. 髭が濃い男性
  2. 髭が濃くなってきた男子
  3. 髭が剃り残る男性・男子

 

この3つに該当される方にとっては為になる記事構成になっております。

その前に髭剃りがめんどくさい方はこちらを参考に。

脱毛と美顔が両方できる!読モ絶賛☆「ケノン」

 

 

 


1・硬い髭を剃る方法


 

硬い髭を剃る際には『蒸して柔らかくしてから髭を剃る事が大切です。』

 

[蒸さずに髭を剃るとどうなるか]

蒸さずに髭を剃ると引っかかったり、最悪出血をしてしまう可能性が上がります。

硬い髭は蒸してから髭は剃りましょう。

 

[硬い髭を蒸す方法]

硬い髭を蒸す方法としては熱湯にタオルを浸し、次に体温より少し高い温度まで冷ましてから、髭を覆うことで、蒸す事は出来ます。

→目安としては30秒以上蒸します。

 

2つ目の方法としては、お風呂で剃るのが良いです。お風呂にいるだけで湯気や蒸気で髭が柔らかくなるのでオススメです。
→湯船の髭が落ちると家族に煙たがられる可能性があるので注意です。

 


2・硬い髭の剃り方


 

硬い髭の剃り方としてはまずは髭の長さを短くする事が大切です。

 

[硬い髭を短くする方法]

硬い髭を短くする方法は、『髭の生えている方向と同じ角度からカミソリを入れる事』で硬い髭を短くする事は可能です。まずは硬い髭の流れに沿ってカミソリを入れましょう。

 

次に『髭の生えている角度に対して90度(垂直)からカミソリを入れましょう。』

ここまで行えばある程度短くなります。

 

*上記に記載してある『硬い髭の蒸し方』を実践してから行いましょう。

 


3・硬い髭を『逆剃り』して深く剃る方法 


 

硬い髭は『逆剃り』する事で深く剃る事は可能です。

逆剃りとは髭の生えている方向に逆らってカミソリを入れて剃るという事です。

 

[逆剃りの仕方]

 

硬い髭を上記の『硬い髭を蒸す方法』と『硬い髭を短くする方法』の2つを行った後に、逆剃りをします。

逆剃りは髭の流れに逆らって剃る事なので『蒸さない』『短くしない』で逆剃りをすると、最悪出血の可能性があるので注意してやりましょう。

 

→逆剃りする事で髭を深く剃る事は可能なので、まずは試しに実践して見ましょう。

 


まとめ


 

硬い髭を綺麗に剃る方法

硬い髭は『蒸す→短くする→逆剃り』の手順で綺麗に剃れる。

 

髭の角度がまばらな方は、髭の角度を『鏡を使って確認する』又は『手で触って確認する』の2つのどちらかを行いながら剃っていきましょう。

 

髭を剃りが正直めんどくさい方はこちらを参考にして下さい。

脱毛と美顔が両方できる!読モ絶賛☆「ケノン」


最後に

 

上記のやり方を実践すれば、綺麗に剃れるようになります。試しに実践して頂きたいです。

僕のプロフィールはこちらです。

www.ribiyousitomita.com

 *Twitter  では『フォローして頂いた方のDMは返します。』