トミブロ

美容関係の記事や、美容師理容師の記事を毎日更新しています。『美容』や『美容師、理容師』に付いて興味がある方向けです。

美容師理容師の人間関係改善方法『徹底解説』

f:id:menzusettoribiyousi:20190330005704j:plain

『美容室理容室の人間関係は改善出来ます』

 

こんにちは、冨田です。

この記事では、美容師理容師の悩みトップ10には確実に入る『人間関係』に付いて、改善策を含めてまとめました。

 

正直、人間関係が成り立っていない美容室理容室は崩壊しやすいです。

 

 


理美容室の人間関係は改善出来るのか


 

結論から言うと『できます』
改善方法は店舗規模によって異なりますが、多数あります。

今回はその例をあげていきます。

 

改善策⓵『チーム目標の統一』

 

この方法は大手他業種企業も使っている方法です。

 

チームの目標を統一する事で、従業員全員が一致団結します。

 

初めはまとまらなくても『小さい結果を達成する度にまとまっていく』と言う仕組みです。

 

例を挙げると高校の部活です。どんなにきつい練習でも目標(試合)に向かって部員で足並揃えて、結果を出しに行くのは仕事も同じです。

 

特に『美容師理容師』は具体的な将来設計を立てている方が多いので、その将来設計(夢)に関係性の高い目標であればチームの団結力は高まります。

 

*1人1人将来の夢は違うのでまずは従業員の『夢や目標や目的』を確認して把握する事からスタートです。

 

『夢と目標と目的の違い』がいまいち理解出来ない方はこちらのnoteを参考にして下さい。

*こちらのnoteは全文無料公開してます。

 

note.mu

 

改善策⓶優れたリーダーを立てる

 

優れたリーダーがいるとチームはまとまります。

 

具体的な理由としては、そのリーダーの人間性が優れていれば、その方の意見が絶対になり、その方の思考を中心にチームが動くようになるからです。

これで自然とチームはまとまる事が出来ます。

 

重要『リーダー理論』

 

PMリーダーシップと言う理論があり、この理論はとても重要です。

 

『PMリーダーシップの解説』

『P=performance・M=maintenance』でどちらかでリーダシップを取る、または『 PとM』の両方でリーダーシップを取る方法です。

 

もっと具体的に、PMリーダーシップを解説すると『P=パフォーマンス(目標達成能力)・M=メンテナンス(集団維持能力)』と言う意味で、PM理論とも言われます。

 

これだと難しいのでもっと簡単に理美容室に置き換えると『P=技術力でのリーダーシップ』と『M=スタッフのメンテナンスでのリーダーシップ』

という事です。

 

このどちらか、又は両方で構成される『リーダーシップの能力を兼ね備える人材が最適なリーダー』になります。

 

*優れたリーダーになりたい方は『PとM』両方の能力を高めましょう。

 

改善策⓷敵をつくる

 

先に言います。この『敵をつくる』と言う方法の間違った理論は僕は嫌いです。

 

敵をつくると言う事を勘違いしている方は非常に多いです。

 

具体的な例えを挙げると学校です。学校のクラスで『いじめ』があるクラスはとてもまとまりやすいです。

 

敵を故意的に作る事で『集団意識が出来、クラスはまとまります。』これは1人(いじめ対象者)を除いてはです。

 

これは会社でも同じ事が言えます。

『社内に敵がいると自然とチームはまとまります』

 

このチームのまとめ方は、その対象者のスタッフがいなくなると、他の敵をつくるといった負の連鎖が続き、悪い結果になるので無意味です。

そしてこれは短期的にまとまるだけです。

 

でも『敵をつくってまとめる』といった理論を変換する事で、チームをまとめる方法はあります。

 


『会社外の敵又は空想の敵をつくる』


 

上記には『会社内に敵をつくりチームをまとめる方法』を書きました。

 

これを少し変換して『他社に敵をつくるか、空想の敵をつくる事でチームは中長期でまとまる』ことが出来ます。

 

例えば、理美容室ですと自社近くのサロン又は、SNS上で有名なサロンです。

「〇〇サロンに勝つぞ〜」といった競争意識をチーム全体でもつ事で、自社はまとまる事が出来ます。

 

もしもその相手サロンに勝っても他の企業をターゲットにすると、チームがまとまる事が出来るので、これは中長期で使う事が出来ます。

 

次に空想の敵をつくるという、至って抽象的な事に付いてです。

 

空想の敵とは『日本で一番になる』とか『世界で一番になる』とかです。敵と言うよりは、目標ですね。

 

この方法は『サロンを一番にするのは、自分なんだ』といった責任意識が生まれ、それが承認欲求に変わるのでオススメです。

 

チームをまとめる為に、責任感をもつ事は大切なので是非実践してみて下さい。

 

 


まとめ


 

○改善策

  1. 『チーム共通の目標をつくる』
  2. 『PMに乗っ取り優れたリーダーをつくる』
  3. 『社内ではなく社外に敵をつくる』

 


最後に


 

この記事を書いている、僕の働く店舗は離職率0%で、会社全体でも数%という、理美容師業界では異例の数字をもっています。

 

*理美容師業界は入社3年以内の離職率約30%。10年以内には約90%。

 

その現場で学んだ事を記事にしました。この記事の内容は他業種でも活かせます。

『人間関係で悩んでいる方』は参考にして下さい。

 

そして参考にしたら何かの行動に移して、頂きたいなと思います。

 

こんな記事もどうぞ。

www.ribiyousitomita.com

www.ribiyousitomita.com

 

僕のプロフィールはこちらです。

 

www.ribiyousitomita.com

 

 購入して頂いたnoteです。

note.mu