とみたブログ

美容関係の記事や、美容師理容師の記事を毎日更新しています。『美容』や『美容師、理容師』に付いて興味がある方向けです。

『美容師理容師アシスタント』悔しい気持ち解消法

f:id:menzusettoribiyousi:20190401012930j:plain

『美容師理容師アシスタント悔しい気持ち解消法』を具体的に解説しました。

 

こんにちは、冨田です。

 

先日のツイートはこちら

 

僕は現在沢山カットさせて頂くようになったのですが、やっぱり数年前は、スタイリストになる前の『アシスタント』を経験してます。

 

アシスタントの時は『悔しい』と言う気持ちを常に持ってました。勿論、今でも他の面で『悔しい』という気持ちはあります。

 

美容師理容師のアシスタント時代は特にこのような『悔しい』』といった感情が強く出やすいです。

 

まず初めに伝えたいのは『悔しい気持ちがないと成長はない』という事です。

自己否定が成長には大切です。

 

悔しい気持ちから離脱して次のステージに行く方法をこの記事にまとめたので、参考にして下さい。

 


美容師理容師の悔しい気持ち解消方法


 

アシスタントの時は『悔しい感情』になりやすいと上記でも書きました。

この気持ちを持つ所からスタートです。

 

『悔しい気持ちをどう解消するのかは簡単です。』

 

下記の3つを達成しましょう


  1. スタイリストになる
  2. サロン幹部になる
  3. 数字で勝つ

基本的にはこの3つです。

 


1・スタイリストになる


 

これは当たり前です。スタイリストにならない限り、美容師理容師のスタート地点に立ったとは言いにくいです。

 

まずは早くスタイリストになって『戦力』になりましょう。

 

スタイリストになる方法はそのサロンによって異なるので、仕事先サロンの方法に乗っ取り、最短最速を目指しましょう。

 


2・サロン幹部になる


 

サロンの幹部になる事で、後輩や同期、上司からも認められる事が出来ます。

 

その理由としては『中間管理職』という肩書きをもらうと発信力が付き、それが信頼になるからです。

 

『肩書きでの発信力の信頼を得る事』で、承認欲求が満たされて『悔しい気持ち』は解消されます。

 


3・数字を出す


 

一番は数字を出す事で最短最速で『悔しい気持ちの解消』が可能です。

 

仕事をしていると数字は付き物です。数字を出す事で中間管理職や肩書きよりも、強い発信力や言葉の重みを得る事が出来ます。

 

美容師理容師でいう数字とは『カットモデル数・指名数・売上』等々です。

 

誰が見ても分かる数字を圧倒的に出すと、信頼度が変わり、人を動かす立場に変わる事が出来ます。

*そのサロンが一番求めている数字を出すとより信頼度は上がります。

 


まとめ


 

美容師理容師の悔しい気持ち解消方法

  1. スタイリストになる
  2. サロン幹部になる
  3. 数字を出す

最後に


この記事を読んでいる方は『美容師理容師』に何かの形で関係している方だと思います。この記事を読んだ方の行動が変われば嬉しいです。頑張って下さい。

 

僕のメルマガとSNSはこちらです。

www.ribiyousitomita.com

 

こんな記事もオススメです。

 

www.ribiyousitomita.com

 

 

www.ribiyousitomita.com