トミブロ

美容関係の記事や、美容師理容師の記事を毎日更新しています。『美容』や『美容師、理容師』に付いて興味がある方向けです。

理美容師は古着で良いの!?古着でブランド購入!

f:id:menzusettoribiyousi:20190403003527j:plain

『美容師理容師の服装はブランドだけど古着が多い』

 

こんにちは、冨田です。

 

この記事は美容師理容師になりたい方に向けた記事になっています。「美容師理容師になると、ブランド品ばかりの服を着て高そう」という声を良く聞いたので記事にしました。

理美容師以外で古着ブランドを購入したい方も参考にして下さい。

美容師理容師の制服は『古着でもOK!?』

結論から言うと『サロンによりますが大体は古着でもOKです。』

正直、週に5回出勤だとして、毎回服装を新品のブランドで購入していたらお金は減る一方です。

 

カラーの薬剤で『効果なブランド品の服が汚れてしまったら勿体無いです。』

 

給料がとても高いサロンですと例外ですが、美容師理容師に限らず20代前半で給料がそこまで高い方はいません。

 

『新品の制服限定』にすると『給料を上げる必要性がある』ともしも新品の制服限定で安い給料形態サロンは『スタッフに金銭的ストレスが溜まり離職率が上がっています。』

 

もしも離職率が高いサロンがあれば、その因果関係を確かめて見て下さい。

 

古着はどこで買うのが良いのか

 

古着の購入場所は沢山あります。今では『古着屋』や『メルカリ』がありますね。古着屋は『一般→企業→一般』と言う流れですので、若干の仲介費用がかかってしまいます。

 

メルカリは特殊ですね。『一般→一般』の流れで、古着屋と違い一般の方が値段設定をしているので比較的安価で購入可能です。

 

メルカリで出品してみると分かりますが、出金の際に仲介手数料を引かれます。でもそのお金は自分で設定したお金から引かれているだけなので、それ程、負担は少ないです。

 

なのでメルカリ市場は広がっています。

 

ここまでメルカリを押しておきながら、古着屋もメリットはあります。

 

『古着屋のメリット』

 

古着屋のブランド品の値段が高い理由としては『仲介手数料』と書きましたが、古着屋は『人件費・家賃・光熱費・・・』等々、古着屋側には沢山の費用が掛かっています。

 

その分、『スタッフが紹介してくれる・目の前で服を見れる・・・』等々の利点があります。

 

インターネットサイトでは『目の前で見る事は出来ず、その服の状態を見る事は出来ません。』

 

YouTube等の動画コンテンツでは見る事は出来ますが、目の前で服の状態確認は出来ません。

 

なので古着屋は『インターネットでの*CtoCベースのビジネスが成り立っていても古着屋は潰れないんです。』

*CtoCとは『一般から一般へのビジネス』

 

他にも安価で購入する方法はありますが、ここでは書いて良いのか分からないので、こちらのLINE@をLINEで追加でお伝えします。

簡単追加可能です。

 

追加した際は『追加しました。』と言って頂ければ僕個人で返信させて頂きます。

友だち追加

 

僕のプロフィールはこちらwww.ribiyousitomita.com