とみたブログ

美容関係の記事や、美容師理容師の記事を毎日更新しています。『美容』や『美容師、理容師』に付いて興味がある方向けです。

美容師理容師『独立起業方法・開業資金調達方法』

f:id:menzusettoribiyousi:20190413005205p:plain

『美容師理容師の起業方法を徹底的に解説(資金調達)!』

 

こんにちは、冨田です。

先日の記事はこちら

www.ribiyousitomita.com

 この記事では『美容師理容師が稼ぐ事が可能な理由』に付いて書きました。

今回の記事は『美容師理容師が起業する方法を具体的に解説しました。』簡単に言うと、『美容室理容室を経営する方法です。』

 

美容師理容師で独立を目指す方は参考にして下さい。

 

 


1・美容師理容師の独立資金調達方法


美容師理容師が独立資金を調達する方法は基本的にはこの3つです。

  1. 銀行融資
  2. 会社融資
  3. 公庫融資

この3つで資金調達は可能ですが、『2.会社融資制度』を採用している会社は極めて少ないので、もしも『将来的に独立したい方は入社サロンに会社融資制度がある美容室理容室への入社をしましょう。』

*資金調達の際の選択枠が増えるのでオススメです。 

 

融資制度には勿論の事『利子が付きます。』数%ですが、独立してから会社を回す際に固定費は限界まで少なくした方が良いので、『融資制度の利子率を比較してから借りましょう。』

 

美容室理容室で、銀行融資や公庫融資で1000万以上借りる事は困難なので自己資金は500万円以上貯めておきましょう。

 


2・資金調達の際の不利な条件


資金を調達する際に不利な条件の提示をしてくる方がいます。金融機関等ではなく、人から人への投資での資金調達には要注意です。

 

例えば『2000万円貸しますよ」と言う投資家の方がいるとしましょう。まずこの場合に注意するのがこの3つです。

  1. 返済期日
  2. 利子率
  3. 投資家に支払うリターン

この3つを確認してみて下さい。もしも『返済期日が3年で全額返済』の場合、美容室理容室ですと単純計算で年商5000万円程の規模のサロンを構築しなければ余裕を持った返済は困難です。

 

しかも大体は起業されてから『3年後に消費税の徴収』で事業規模にもよりますが、100万円以上は支払う可能性が高いです。

*消費税率と売り上げによって、消費税支払い金額は変動します。

 

そして固定費もあるのが起業です。『固定費の計算』をしないと簡単に資金ショートします。固定費も事業規模によりますが、『人を雇用して家賃40万円の物件で美容室理容室を開業する場合、固定費だけで毎月100万円以上の支払いです。』

 

そして何より美容室理容室は実店舗型の『BtoCビジネス』なので、売り上げは座席数で限界値が決まります。

 

これだけ聞いても『3年で2000万円+利子付きの返済』を挑戦したい方は、チャレンジャーだと思います。

 


3・美容室理容室の結局どこで資金調達すれば良いのか


上記にも書いたように『利子率が低い』のは重要です。後は『返済期日の設定が可能』『資金調達額が高い』この3つは意識して考えましょう。

 


『結論』

『銀行融資・会社融資・公庫融資』この3つを比較するのがオススメですね。


 

あと他には下記のような資金調達方法があるので、本気で美容室理容室の起業を目指す方は参考にして頂きたいです。

*僕も一度ウォッチしました。

事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

 

『この記事を読んだ方のニーズ度の高い記事はこちら』

 

www.ribiyousitomita.com

www.ribiyousitomita.com

www.ribiyousitomita.com

 僕のプロフィールはこちらです。

*SNSも掲載中です。

www.ribiyousitomita.com