トミブロ

美容関係の記事や、美容師理容師の記事を毎日更新しています。『美容』や『美容師、理容師』に付いて興味がある方向けです。

不器用な人こそ美容師理容師になる

『不器用な人こそ美容師理容師になるべき』

 

こんにちは、冨田です。

*冨田光樹の体験談を書いたnoteより。

 

今回は<『不器用だね』と言われ続けた僕がスタイリストになって3年6ヶ月で副店長にまでなった話』>を書きます。

 

「美容師理容師は不器用な人には無理だよ。」「器用な人だけが美容師理容師になれるんだよ。」そんな事を言われ続けた学生時代。この話を書く僕は勿論昔から生粋の不器用。稀にいる何をしても誰よりも努力をしないと何も出来ない不器用な子でした。ダンスも球技もコマ回しだって折紙だって。。言われた通りにやってもなかなか出来ず誰よりもやってやっと『普通』と言われる程まで出来るようになる。そんな小学生時代を過ごし、中学生で理美容師をやりたくなっても『無理だよ』とみんなに言われてしまう。ですが僕は今ではあるサロンの副店長をしております。そんな僕のストーリー書いていきます。

 

入社1年目 努力の限界
入社2年目 自信喪失
入社3年目 ジュニアスタイリスト
入社4年目 副店長へ

 

入社1年目 努力の限界


2015年3月31日。僕は晴れて理容室サロンへ入社しました。美容室ではなく理容室です。海外では『barber』と言われている理容師に憧れて理容師になりました。そして晴れて入社。この時の僕の気持ちは「不器用でも努力すれば出来る。」「諦めなければ出来る。」そんな思いでした。結論から言うと現実は違いました。

 

人間の肉体と精神の体力

 

入社1日目。これからお世話になる上司の方に挨拶をして仕事について学び、そして下回りの仕事、掃除やタオルたたみ等を学びました。「1日目でここまで出来た。このペースなら大丈夫だ。」そんな事を考えてました。このペースでやっていくぞ。もっとペースを上げていくぞ。そんな気持ちで入社1日目を終えて家に帰り、今日の出来事をたった1日の出来事にも関わらず両親に話す僕。そこで褒められて嬉しくなり自分の『承認欲求』が満たされます。今までにない快感です。『人に褒められる事がこんなにも嬉しいのか。』僕はそう思っていました。今まで全然なかったので。

もっと上司にも両親にも友達にも認めてもらえるように頑張るぞ。もっとペースを上げていくぞ。そして僕のとった行動は『睡眠時間を短くする事』でした。これで誰よりも練習をして誰よりも早く上達するぞ。そんな気持ちでの行動だったのですがこれは大きな間違いでした。人間は最低限寝ないと生きていけません。頭も回りません。僕は学生時代6〜8時間寝る人間でしたがその時間を4時間30分までいきなり短くしました。しかもそれこそが正解だと思っての決断です。でもそれは大きな間違いでした。

その結果何が起きたかと言うと、身体が慣れない立ち仕事についていけなくなり、体調を壊してしまいます。毎日自分より目上の人と会話するのが理容師です。「今年入社しました冨田です。」この挨拶だけで緊張です。『挨拶周り、下回り、返事』こんな普通の仕事でも緊張していたにも関わらず睡眠を削ってしまった。

そして入社して5日程経った時に始まったのがシャンプー練習。『誰よりも早くシャンプーを出来るようになりたい。』そう思っていた矢先にシャンプー練習に突入します。この出来事が僕の心に火をつけて、もっと睡眠時間を削ってしまったんです。

 

睡眠3.5時間

 

『この睡眠時間は慣れていないと人間は身体と精神に支障をきたす』と言われています。それにも関わらず少ない睡眠時間で残った時間を練習に当てる。そんな気持ちで仕事をする事を決意しました。初めは良かったです。若いので体は持ちました。ですが初めはです。この睡眠時間で働く事を続けて1週間の時、僕は激しいめまいに襲われました。当たり前です。慣れていないのですから。

でも若いって凄くて気にしないんです。そのまま働いてしまうんです。どんどんめまいは激しくなり声すら聞き取りにくくなり立っているのすらギリギリ。それでも僕は気にしません。「まだいけるぞ」そんな気持ちでした。「甘えるな自分!!」みたいな。

この後何が起こったかと言うと、倒れました。厳密には座り込んでしまい立つ事が出来なくなりました。当たり前です。熱が39.8度ありましたから。しかも僕の平熱35.6度です。4.2度も高い。

その結果僕は家に強制帰宅。病院に行ったら『ストレス性胃腸炎』若いのにまさかのストレスで胃腸炎になりました。感染の危険がある為、自宅謹慎。この時間を考えると今までの努力が水の泡のように思えました。悔しくて泣きました。ちくしょう。って。

その後復帰してからは睡眠は少し増やして仕事します。

休んでいた分今までの練習も忘れてしまってました。目先の練習に集中してメモをとってなかったので当たり前です。短期間の出来事は人間は忘れてしまう生き物ですから。

ですが何回も練習するうちに思い出し行き、結果出来る様になりました。時間は勿論かかりました。

そして次はカラーリングの練習に突入します。

 

カラー練習

 

入社してから2ヶ月経った6月。僕はカラーリングの練習に入りました。理容師ですので髭剃りも出来る様になってからの『カラー練習』です。この頃はお客様からの感謝の数も増え自信も相当付いてます。人間は他者に褒められて承認欲求が満たされると自信が付くんです。僕はその欲求が入社当時は強かったです。今考えると幸せな男だったなと思います。

カラー練習でやる事は薬剤の知識よりも塗り方からです。それが僕の働くサロンの順番でした。まずは塗り方を覚える。そこからスタートです。

『塗り方』簡単そうに聞こえますが結構難しいんです。塗る量も均等にしてしかも塗る順番も覚えなければいけない。僕は忘れっぽいので何回も聞き直します。カラーが出来る様になるまでは1ヶ月もかかりました。同期の中で一番遅かったです。お客様に施術出来る様になるまで普通なら2週間もあれば出来ます。僕は2倍以上の時間かかってしまいました。その後はカットモデルさんにカラー練習をしてやっとお客様に入れるようになりました。

そして僕は初めてお客様を担当します。カラーの技術をお客様に見せる時です。

『張り切りと緊張でワクワクしてました。』店長に「いけるか?」って言われ「絶対いけます」そう応えて入った技術。結果は大成功。

でしたが緊張していたせいか時間は通常の2倍かかり、『お客様。。笑ってました。』そんな笑う事かなと思ったのですがそれは笑います。なんたって手袋せずにカラーしたんですから。

美容師も理容師もカラーをするときは手袋は必須。手袋がないと手に色がついてしまいます。その手袋を僕は忘れてしまいました。

そのおかげで僕の手は真っ黒。白髪染めのお客様だったので真っ黒です。最後に鏡を見せる時に「どうでしょう!」お客様、笑ってます。『手が真っ黒だよ』って。

ですが技術は大成功です。喜んでました。『技術と笑いありがとう』って。

なんだかんだ嬉しかったです。初めて自分の技術が認められた瞬間でした。「その気持ち一生忘れるなよ」そう店長に言われました。今でも忘れてませんよ。

ですがこの時僕はもう入社してから相当経ってます。僕の働くサロンは『早期育成』を掲げている為もう早い方ではスタイリストデビューしてます。同期に先を越されました。悔しかったです。この時。

そして店長に僕は「カット練習してもいいですか?」そう聞きます。

そしたら「まだ早い。」の一言。

そして言われたのが「スタイリストデビューは2年目だ」って。

「ん???」ってなりました。

こんなに誰よりも練習したのに一番同期で遅いスタイリストデビューを告げられ、正直よく分からなくなりました。気持ちは勿論、悔しかったですよ。

そして僕はカラーの練習にまた戻ります。もうこの時カットしている自分が全く想像出来ませんでした。『もういいや』そんな気持ちになりかけました。そんな気持ちで練習をしていたので全く上達しません。ずっと同じ練習をして、そしてひたすら叱られます。『もう自分に腹がたつ』『悔しい』そんな気持ちでした。

そして僕の出した決断は『誰よりもカラーを上手くなろう。』みんなが驚くようなカラーの技術を身につけよう。

美容師理容師さんなら分かると思いますが、カラーモデル探しって難しいんです。なかなかいないんです。ですが僕はその数も同期で一番になる事を決意します。

大体カラーモデルは1ヶ月に平均5人。多くて10人。ですが僕は15人やりました。しかもメンズサロンなのにレディースカラーもやって、そしてグラデーションカラーやインナーカラー。ブリーチカラー。カラーは沢山挑戦して知識と技術を身に付けます。

そしたら『カラーリスト』の称号を頂きまして、しかもカラー指名ももらうようになりました。結果に繋がり成果がどんどん出てきました。

この段階でもう一度店長に所に行きます。「カラーはもうひと段落しました。カット練習してもいいですか?」そしたら。。

「やっちゃおう。」って。

「よっしゃ!!」って。

こうしてやっとカット練習のスタートです。カラーで使っていたウィッグをカット用ウィッグに変更しての練習です。待ちに待ったカット練習です。でもカットはそんなに甘くはなかった。

 

カット練習

 

カット練習は楽しいです。とにかく楽しいです。自分の頭で思い描いているスタイうを具現化できる。それがカット。でもこのカット難しいんです。

なかなか自分の思うスタイルを作れません。それがカットです。今まではそんな事思いもしませんでした。でもそのカットもやれば出来る。それがカットです。やれば出来る。そう思ってました。

初めて作った自分のスタイルはなかなかできの悪いもので形にすらなってません。ガタガタです。初心者感満載のカットでした。

入社2年目 自信喪失

入社してから丸一年が経過し2年目の4月にはカットモデルを始めていました。僕の働くサロンはカットモデル50人達成して技術テストに合格すると晴れてスタイリストになれます。

 

続きはこちらのnoteを無料公開しているのでご覧下さい。

note.mu