トミブロ

為になる記事を配信中!

美容師理容師の女性が仕事を辞めるときの注意点

f:id:menzusettoribiyousi:20190509011055j:plain

Instagramより

『美容師理容師の女性が仕事を辞めるときの注意点』

→収入0円になる可能性あり。

 

こんにちは、冨田です。

 

この記事では美容師理容師の女性が仕事を辞める時の注意点に付いて具体的に書いてあります。

 

先に結論から言うと、何も知識のない『美容師理容師が仕事を辞めると収入が0円になる可能性が高いです。

 

 


『美容師理容師の女性は仕事を辞める人が多い理由』


 

美容師理容師の女性が仕事を辞めざるを得なくなる理由は、出産が大きく関係しています。

 

お腹の中に子供を授かると、仕事を休むなり場合によっては退職しなければいけなくなります。

 

そんな時に、一気に収入が0円になると不安ですし、何より生活に支障をきたします。

そして、旦那さんの収入のみに執着するのはもっと不安です。

 

日本は共働きが多い世の中なのが現状ですから。

 

→女性でも稼げる方法を身につけておけば万が一の時に対応する事が可能です。

 

『次に女性が美容師理容師を退職しても稼ぐ力を身につける方法を解説していきます。』

 


『美容師理容師の女性が退職しても稼ぐ方法』


 

退職すると一気に収入が0円になる可能性はありますが、会社や国の制度を使えば、産後1年半くらいは固定給の何割かをもらう事が可能になります。

 

僕の働くサロンを例に挙げると、女性スタッフは産後1年半は給料を支給されます。

 

このようなサロンもあるので、入社するべきサロンは女性程、本気で考えるべきだと思います。

 

<重要>

ちなみに、入社してから10年で産休を取れてその後、復帰する事が出来るサロンもありますが、女性の出産適正年齢は若い時なので、自分の体と相談して、他社と他社を比較する事をオススメします。

 

ここまでは制度に付いて書いたので、次に女性の美容師理容師が退職しても稼ぐ方法を具体的に書いていきます。

 


『美容師理容師の女性が退職しても稼ぐ方法』


 

上記で書いた制度には期間に限りがあります。旦那の給料に執着する事と同じで何か一つの収入源に執着する事は、これからの時代的に辞めた方が良いです。

 

女性美容師又は女性理容師が退職しても稼ぐ方法は、仕組み化するか、在宅でも出来る事をするか、短期収入を得られる場所を作るの3つです。

 

もう一度書きます。

<女性美容師理容師が退職後に稼ぐ方法>


  1. 仕組み化する
  2. 在宅でも出来る事をする
  3. 短期収入を得られる場所を作る

 

仕組み化するとは『自分が何もしなくても稼いでくれる環境構築をすると言う事です。 』

 

これは雇用されている内でも出来る事であり、将来の為に仕組み化する環境をコツコツ隙間時間に構築しておくのが理想的です。

 

在宅でも出来る事をするに付いては、ブログSNSYouTube等で認知度を上げて、それを何かに繋げる方法があります。

 

月間300件以上の請求実績!ネット販売・仕入れ・HP支援!代理店募集【CCR】  に繋げるのも一つの手法です。

 

何かとは収入になる何かであるので、一概には言えませんが、特にライターとかは、短期収入も得つつ、学ぶ事も出来るので将来的にアウトソーシングで稼ぐスキルを得る事も可能です。そのスキルを稼ぎながら得る事が出来ます。

 

美容師理容師は接客業をしている分、大体の方は文章を書く事に慣れるのが早いので参考にして見て下さい。僕が紹介出来るのは最高で月50万の収入! のライターです。

 

美容師理容師の女性は出産等で休暇をとる際に、制度での固定収入と短期での収入源を増やしそれをスキルに変える事がとても大切です。

 

そうする事で、旦那や企業に執着しない女性の強い生き方が出来ます。

 

もしも雇用されている内に始める際に、企業にバレるのが怖い方はこちらの記事も参考にして下さい。

 

www.ribiyousitomita.com

 

僕のプロフィールはこちらです。

www.ribiyousitomita.com