トミブロ

美容関係の記事や、美容師理容師の記事を毎日更新しています。『美容』や『美容師、理容師』に付いて興味がある方向けです。

美容師理容師の開業資金調達方法『独立』

f:id:menzusettoribiyousi:20190517020751j:plain


美容師理容師の開業資金調達方法『独立希望者向け』
開業資金調達方法は融資だけではありません。

 

こんにちは、冨田です。

 

この記事では美容師理容師が開業資金を調達する方法に付いて具体的に書いてあります。

 

先日の記事では『投資』に付いて美容師理容師の労働時間に基づいて書いたので、お金を増やす事が目的な方は下記を参考にして下さい。

 

www.ribiyousitomita.com

 

 


美容室理容室の開業資金はどれくらい


 

開業資金はピンキリで、運転資金も含めると最低500万円以上は必要です。あくまで最低金額です。ですが外観等に費用は沢山使った方が成功確率は勿論上がるので、正直1500万円は貯蓄しておくべきです。

 

もっと言うと、サロン規模によって開業資金は異なりますが、人件費は大体同じくらいです。なので運転資金込みで開業の際は1500万円を現金で用意する事をオススメします。

 


開業資金はどう集めるのか


 

美容室理容室の開業資金調達方法は、自己資金数百万円に加え、銀行融資日本金融公庫での融資によって調達するのが主流です。

 

過去にクレジットカードでの滞納等がある方は返済能力がないとみたされる可能性があるので、もしも融資が下りなかった場合を考えると他の資金調達方法も考える必要があります。

 


融資以外の開業資金調達方法


 

美容室理容室を開業する際の資金は基本的には『融資』と書きましたが、他にも方法はあります。

 

例えば、クラウドファンディングで投資してもらう方法です。クラウドファンディングには現在『購入型融資型寄付型』があるので自分の独立にあった方法を選ぶ事がオススメです。

 

クラウドファンディングは基本的には一般から一般への投資なので、お金以外のメリットを生み出す事が可能です。例えばクラウドファンディングを通してファンが出来る等です。

 


VCに投資してもらう

 

世の中にはVC(ベンチャーキャピタル)という投資会社もあります。

VCの送金速度は早いので早期で運転資金が欲しい方は、VC側にもメリットがあるようにプレゼンをして投資してもらう事も可能です。

 

勿論VCもビジネスとしてやっているので、投資する起業家は選びます。なのでもしもVCに行くのであれば魅力的なプレゼンをしましょう。

 


オススメしない親戚からの出資

 

稀に親戚や家族に出資をしてもらうという話を聞くのですが、それはオススメしません。

 

親族や家族とお金での関係で繋がる事になりますし、何より親戚や家族からの出資だと無意識的に稼ぐ事への思考が停止してしまう可能性があるからです。

 

これから稼ぐのに、元々親しい血で繋がった方に借りるのは稼ぐ事を考えなくなるので開業資金は自分で稼ぐか投資者又は投資企業を見つけるか融資を借りた方が良いです。

 

ps.資金調達をする際に使った時間は将来返ってくるので、開業資金はご自分で調達しましょう。

 

本気で資産運用でお金を増やしたい方は上記と同じこの記事を参考に。

 

www.ribiyousitomita.com

 

他業種へ転職したい方は誤解を解決してからにしましょう。 

www.ribiyousitomita.com

 

次の仕事を探している方はこちらです

 

www.ribiyousitomita.com