トミブロ

美容関係の記事や、美容師理容師の記事を毎日更新しています。『美容』や『美容師、理容師』に付いて興味がある方向けです。

理美容師は圧倒的熱意により成り立つ

f:id:menzusettoribiyousi:20190722004050j:plain



[圧倒的熱意こそが理美容師の本質でもある]


 

こんにちは、冨田です。

 

僕が思う理美容師の本質の一つが圧倒的熱意だと思っています。持論ではありますが、共感して下さる方がいれば嬉しいと思い、この記事を今回は筆頭していきたいと思います。

 


理美容師の本質の一つは圧倒的熱意である


 

本質というと思い浮かべる事は個々で全く違っていると思います。そして違っても良いのではないかと思っています。

 

例えば理美容師として経営をする上で大切なのは、スタッフのモチベーションが本質と唱える人がいたり、また集客が本質だと唱える人がいたりと多様な考えが世の中には溢れています。

 

確かに多数の考えがあるのが、今も昔も変わらない世の中ではありますが、それは素敵な事だと思っています。

 

そんな中知見が溢れている中、僕が思う理美容師の本質の一つは『圧倒的熱意』です。圧倒的熱意が大前提であって、その上に全ての行動や考えが成り立っていると僕は思っています。

 


理美容師の圧倒的熱意とは一体何か


 

「圧倒的熱意とは一体なんだと思う?」と漠然とした質問を投げかけられた時に、瞬時に答える事が出来る人はどれくらいいるのでしょうか。

 

当記事を書いている僕自身ですら、瞬時に答える事は出来ません。

なので僕は当記事を書きながらじっくり考えて見ました。

 

そして出てきた答えは『圧倒的熱意=自分が心の底からやりたいと思う事』にたどり着きました。

 

突然ですが、例えば、残り10年で太陽が爆発して世界が終わるとしたら、自分は何をしたいか考えてみてください。

 

生活する為には仕事が必要だとしたら、今自分は何の仕事を10年もの間していくか、と考えてみると、本当にやりたい事が見えてきやすいと思います。

 

圧倒的熱意とは、今自分が生きている内にやりたい事、または成し遂げたい事をする上で大切な感情だと思います。

 

もっと簡単にいうと、モチベーションです。

 


理美容師として圧倒的熱意があるなら行動しよう


 

圧倒的熱意(=モチベーション)があるのであれば後は行動するだけだと思います。

 

でも「努力の方向性を間違えると無駄になる」と思う方は少なからずいるのではないでしょうか。

 

確かに努力の方向性を間違えてしまうと、時間軸で考えた時は無駄な時間を過ごすきっかけになってしまいます。

 

ですが、行動した人と行動しなかった人で考えてみると全く違います。もしかしたら初めは間違えた方向の努力をしてしまうかもしれません。でもそれは修正すれば良いだけの話です。

 

圧倒的熱意があり、やると決めたのであれば夢の達成に向けてただガムシャラに努力していく、それがこれからの時代はより一層大切になってくると思います。

 


まとめ

 

理美容師で輝きたいと思っている方は、業界全体で多いと思います。

そんな方々は、小難しい問題や解決難易度の高い問題に出くわす事があります。

大きな壁に出くわした時に、「何で自分ばかり...」と自己否定するのではなく、問題に出くわすという事は挑戦している人に与えられた、成長へのサービスステージだと思うと気持ちが楽になります。

 

どんな高難易度の問題も圧倒的熱意があれば全て達成出来ます。圧倒的熱意があればどんな高い壁も乗り越えていく事が出来ます。

 

>>オススメ記事 努力って結果出ないとモチベーション下がるよねって話|冨田 光樹|note

>>オススメ記事 美容師理容師の今後・将来を予想してみた『パート4』 - とみたブログ

 

 

www.ribiyousitomita.com