トミブロ

為になる記事を配信中!

美容系アプリ作成の為にプログラミングをやろう

f:id:menzusettoribiyousi:20190823013712j:plain

『理美容師でもプログラミングを学ぶ事は可能』

・理美容師こそ多動で動く

・理美容師は営業以外の時間が大切

*この記事は5分で読めます。


 

こんにちは、冨田です。

 

先日のツイートはこちらです。

 

僕は理美容師として、現場で働いていますが、他にも美容系の何かを作る為にプログラミングを学んでいます。

 

プログラミングというと、理美容師の方は「関係ない」と言う方はいるかもしれませんが、そんな事はありません。理美容師にプログラミングは関係しています。

 

例えば予約サイトも、SNSもプログラミングによって作成されています。

無意識に他者が書いてくれたコードのプログラムを使用しているんです。

 

しかも、これからの時代は『AIと言った人口知能が発達する事は必然的』です。

今はまだ、理美容業界にはAIは浸透していませんが、これから数年後はより浸透してきます。

 

故に、現在から学んでおけば、時代の変化に対応する事は可能です。『理美容師とAIを混ぜ合わせる先駆者になれる』と言っても過言ではありません。

 

『理美容師とAIは混ざるのか』

 

理美容師とAIは混ざります。重複しますが、まだ現在では混ざっていません。

 

*Iotが少し入ってきたくらいです。

*Iot(Internet of Thing)とは、モノとインターネットが繋がる事.。

 

未来を怖がる事はありませんが、理美容師にとってAIが浸透してくる事実を逃れる事は難しいでしょう。

 

現に、あの大手携帯会社社長は、「小売業もAIが浸透する」と述べています。

 

理美容師でAIについて気になる方は下記記事がオススメです。 
理美容師はAIに取られるのか不安『今後の悩み』 - トミブロ

 

『理美容師のAI先駆者になれる』

 

理美容室でAIを導入している企業がほぼないのであれば、AIの先駆者になる事は可能です。

 

今までは、過去に出来たノウハウを使った企業が多かったのですが、今はまだAIを駆使した理美容室は少ないので、『イノベーションを起こす事はAIで可能』です。

 

イノベーションを起こしたい理美容師は、労働に合ったAIやプログラミングの学び方を下記記事で紹介しています。もちろん見るのは無料です。

 

[最後に運営者から一言]

 

理美容師はAIと混ざる可能性は大いにあります。初めは世界のどこかの企業かもしれませんし、もしかしたら日本がAIと理美容師を混ぜるかもしれません。

ただまだ前例が少ないので、AIと理美容師を混ぜるイノベーションを起こす先駆者になる事は可能です。出来るか出来ないかではなく、やるかやらないの差で人生は大きく変わると思います。

 

[運営者の自己紹介]

 

www.ribiyousitomita.com